所蔵品」カテゴリーアーカイブ

8.その他のコレクション

ラウル・デュフィ Raoul Dufy(1877-1953) デュフィは1877年、フランス北部ノルマンディーの港町ル・アーヴルに生まれました。1900年にパリのエコール・デ・ボザールに入学し、ジョルジュ・ブラックらと交 … 続きを読む

カテゴリー: 8.その他のコレクション | コメントする

7.伊丹と現代美術

遺された時ー蔵の組舟 × 江口 週 美術館の庭に設置された《遺された時ー蔵の組舟》(1990)は、彫刻家・江口週(1932- )と当館とのコミッション・ワークで、1986年(昭和61)に取り壊された旧岡田家の酒造蔵の一つ … 続きを読む

カテゴリー: 7.伊丹と現代美術 | コメントする

6.戦後日本と芸術家たち

浅野竹二(1900-1999) 浅野は京都市立絵画専門学校で日本画を学んだのち、一度油絵に転向するも、再び土田麦僊の画塾に入塾し、国画創作協会に出品しました。木版画を始めたのは、30歳の頃からです。当初は写実的な名所絵版 … 続きを読む

カテゴリー: 6.戦後日本と芸術家たち | コメントする

5.日本の近代諷刺雑誌

浮世絵版画と新聞の合体:錦絵新聞 錦絵新聞は新しく聞き知った出来事を伝える文章と、「錦絵」と呼ばれた浮世絵版画が合体した出版物です。明治のはじめ東京で流行、大阪にも波及して「大阪錦絵新聞」や「大阪新聞錦絵」など各紙が発行 … 続きを読む

カテゴリー: 5.日本の近代諷刺雑誌 | コメントする

2.18世紀~19世紀のイギリスの諷刺画

ウィリアム・ホガース William Hogarth(1697-1764) ホガースは、18世紀イギリスを代表する国民的画家です。同時代の社会、人間をありのままに描写しつつ、そこに道徳的主題を重ね合わせる独自の諷刺的風俗 … 続きを読む

カテゴリー: 2.18世紀~19世紀のイギリスの諷刺画 | コメントする

1.19世紀フランスの諷刺画

オノレ・ドーミエ Honore Daumier(1808-1879) 写実主義の画家ドーミエは、傑出した諷刺画家でもありました。類い稀な記憶力と持ち前の描写力で活気に満ちた19世紀のパリの人々を描き、諷刺画家として人気を … 続きを読む

カテゴリー: 1.19世紀フランスの諷刺画 | コメントする

所蔵品データベース

未編集

カテゴリー: 所蔵品データベース | コメントする

主な所蔵品

伊丹市は兵庫県の最も大阪寄りに位置する衛星都市で、近くに大阪、神戸、京都という大都市を控えています。ごく近くにある国立、県立、市立の大きな美術館に伍して存在理由を明らかにするために個性ある運営を志し、「諷刺とユーモア」を … 続きを読む

カテゴリー: 主な所蔵品 | コメントする