並河靖之 七宝展
―明治七宝の誘惑・透明な黒の感性―

会  期
2017年9月9日(土)-10月22日(日)
入 館 料
一般700(600)円、大高生350(250)円、中小150(100)円
( )内は20 名以上の団体割引
兵庫県内の小中学生はココロンカード呈示にて入場無料
4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日は60歳以上、土日祝は65歳以上)

 

 

 

明治後期に活動した京都の七宝家・並河靖之(1845-1927)は、国内外の博覧会で数度受賞し、帝室技芸員にも選ばれた日本を代表する七宝作家として、欧米諸国でも高い評価を得ました。本展では、並河の七宝作品や下絵、資料など約110点を一堂に集め、草花や蝶など華やかで美しい世界観を紹介します。

 

関連イベント

ギャラリートーク
講師:大木香奈(東京都庭園美術館学芸員)
日時:2017年9月9日(土) 14:00~
聴講無料・要当日観覧券・申込不要

ワークショップ「身につける七宝づくり」
講師:近藤健一(七宝作家)
日時:9月 18 日(月祝) 午前の部:10 時半~ / 午後の部:14 時~(各回約2時間)
定員:各回 10 名、計 20 名(中学生以上)
要事前申込(お電話 072-772-7447 にてお申込ください / 先着順)
参加料 3,500 円 / 人(当日観覧券含む)

プレスリリース(871KB)

同時開催の展覧会
「七宝の現在―東日本の作家を中心に―」
東日本在住の七宝作家9名による作品を展示。現代の七宝作品をお楽しみいただきます。
会場:伊丹市立工芸センター 企画展示室(美術館地下展示室隣接)
※入場無料
「俳諧と茶の湯」
俳諧と茶の湯に関する作品約 100 点をご紹介します。
会場:公益財団法人 柿衞文庫(美術館と同施設内)
※別途要入館料

 


主  催
伊丹市立美術館[公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団/伊丹市]、
毎日新聞社
共  催
伊丹市教育委員会
後  援
NHK神戸放送局、神戸新聞社
協  賛
岡村印刷工業

《花鳥図飾壷》
清水三年坂美術館

 

 

 

ページトップへ