「郷土ゆかりの洋画家 榊原一廣展」の関連行事として、島田康寛氏(京都国立近代美術館学芸課長)を講師に迎え、「榊原一廣と明治の京都洋画壇」と題して講演会を行いました。

ページトップへ