丸沼芸術の森学芸員猪越夕香さんに、ベン・シャーンの300点を越える展示を通してその生涯を概説戴きました。またアメリカ東海岸各地に今も展示される貴重な壁画や、絵と文字との関連について、日本との関わり、またモチーフとしての「手」にまつわるエピソードについても丁寧にお話し下さいました。

講師:猪越タ香(丸沼芸術の森学芸員)
場所:本展会場内 ※聴講無料(要観覧券)
参加者:① 25名 ② 23名

ページトップへ