須田国太郎 能・狂言 デッサン展

会  期
2002年4月13日(土)ー5月19日(日)
休 館 日
月曜日
入 館 料
一般300(240)円、大高生200(160)円、中小生100(80)円
( )内は20 名以上の団体割引
兵庫県内の小中学生はココロンカード、クローバーカード呈示にて無料
4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日60 歳以上、土日祝65 歳以上)

 


巨匠須田国太郎(1891-1961)の能と狂言のデッサン展を開催する。昨年、ご遺族から大阪大学にスケッチブック約120冊に描かれた約5,000点のデッサンが寄贈された。本展はそのなかから100点ほどを選んで展覧する。偉大な画家であり、碩学であった須田国太郎は、資料によれば、明治43年、19歳の時に、独学で油絵を描き始めた頃から、金剛流高岡鵜三郎に師事して謡曲を習い、能・狂言に関する造詣も深かったという。

今回のデッサンは、昭和2年の金剛能楽堂での金剛巌の「熊野」、松本長の「杜若」に始まり、戦後に至るまでほとんど各年の主要な舞台が描き遺されている。当然、京都の能楽堂での金剛巌のものが多いが、須田は大阪、東京へも小まめにでかけており、喜多六平太、野口兼資、梅若万三郎、桜間弓川などの名人はもとより、まだ若手だった観世寿夫、静夫までの演じ、舞う姿態を的確に捉えている。私たちはこの膨大なスケッチによって、須田国太郎の絶妙なデッサンを楽しむのと同時に、昭和の始めから戦後までの能・狂言の実体をたどることができるわけである。今回の展覧でも大阪大学教授天野文雄氏のご指導によって、時代、演目、人を考慮に入れて構成したので、5,000点の中からの100点ではあるが、その真髄は味わっていただけるものと信ずる。やや大振りな桜間弓川の「道成寺」のデッサン20枚で演技の流れを追えるようにするなど、展示の工夫もしている。
 美術だけでなく、能・狂言の愛好の方々にもぜひご覧いただきたい。

 

同時開催:常設展I

関連企画

講演会
「描かれた名手たち-須田国太郎デッサンにみる 昭和前期の能・狂言」
講師:天野文雄氏(大阪大学大学院文学研究科教授)
日時:4月14日(土)午後2時~
場所:美術館1F講座室
*聴講無料、要観覧券

 


主  催
伊丹市立美術館、(財)伊丹市文化振興財団

 

ページトップへ