夏休み企画
いのちを考える ー山口啓介と中学生たちー

会  期
2005年8月3日(水)ー8月28日(日)
会  場
伊丹市立美術館 ・ 旧岡田家住宅(酒蔵)
休 館 日
月曜日
入 館 料
一般700(500)円、大高生350(250)円、中小生100(80)円
( )内は20 名以上の団体割引
兵庫県内の小中学生はココロンカード、クローバーカード呈示にて無料
4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日60 歳以上、土日祝65 歳以上)


第一線で活躍しているアーティストを講師に迎え、市内中学生とワークショップを行なうこの展覧会も今夏で5回目を迎えます。今年のゲストは山口啓介さん(兵庫県生・1962~)。山口さんは、近年、人間と自然の共生やイラクでの劣化ウラン被害をテーマに、真摯に作品に取り組んでいるアーティストです。

本展では、“植物との出会い”をコンセプトに、地球規模で異常な変化が起こっている自然界の現状を、様々な角度からアーティストと中学生がともに考えていきます。また「わたしの世界模型」と題する作品も制作し、自分自身を見つめ直します。展覧会へとつながるその過程で、新たな美術の可能性がみつかるかもしれません。

なお、ワークショップは展覧会に先駆け、7月23日・24日の両日にかけて行ない、7月26日から美術館に隣接した重要文化財旧岡田家住宅(酒蔵)で先行展示します。

関連企画

対談『「いのちを考える」に取り組んで』
日時:2005年8月6日(土) 16:00〜
講師:山口啓介(彫刻家)×加藤義夫(美術評論家)
会場:美術館1F講座室
*聴講無料、要観覧券

夏休みワークショップ第1弾(中学生)
2005年7月23日(土) – 25日(月)
いのちを考える「私の世界模型」

夏休みワークショップ第2弾(小学生)子どもと造形
2005年7月27日(水) – 29日(金)
7月31日(日)「一日展示会」(入場無料)


主  催
伊丹市立美術館、(財)伊丹市文化振興財団、伊丹市中学校教育研究会美術部会

ページトップへ