所蔵品展II ビゴーによる明治の女性たち

会  期
2006年9月9日(土)ー12月17日(日)
休 館 日
月曜日、企画展展示入替時(10/30(月)~11/2(木))
入 館 料
一般200(160)円、大高生150(120)円、中小生100(80)円
( )内は20 名以上の団体割引
兵庫県内の小中学生はココロンカード、クローバーカード呈示にて無料
4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日60 歳以上、土日祝65 歳以上)

ジョルジュ・ビゴー

《女中の一日》(扉)

1899年

 

1882(明治15)年に来日した仏人画家ジョルジュ・ビゴー(1860-1927)は諷刺雑誌「トバエ」を創刊。素描や版画などに描きとめた日常的な情景は、明治中期日本人の姿を情感豊かに伝えています。本展では、女性像に焦点をあてビゴーの版画作品を紹介します。

 


主  催
伊丹市立美術館、(財)伊丹市文化振興財団

ページトップへ