「子どもと造形 2000年後の部屋」夏休みの展覧会

会  期
2007年8月18日(土)ー9月2日(日)
休 館 日
月曜日
入 館 料
無料
( )内は20 名以上の団体割引
兵庫県内の小中学生はココロンカード、クローバーカード呈示にて無料
4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日60 歳以上、土日祝65 歳以上)


1989年から毎年開催されている夏休み企画「子どもと造形」は、今年で19回目を迎えます。毎回素材を変えて、子どもたちが自由なモノづくりにチャレンジする場を提供しています。

今年は「2000年後から見た現代」をテーマに、未来に出土された「化石(遺物)」「遺跡」を想定した作品で知られる美術作家・柴川敏之氏を迎え、ワークショップと展示を行います。

私たちの身近にある日用品が2000年後に発掘されたら、未来の人たちはどんな反応を示すでしょうか。2000年後を想定した遺跡のような空間、発掘された出土品の数々。よくみると、それらは大昔のものではなく、現代の日用品ばかり。現代の身のまわりの物を化石に見立て、「身近なもの=現代の象徴」ととらえ、2000年後の未来から現代を眺めてみましょう。

 

関連企画

●夏休みのワークショップ●
「2000年後の部屋をつくろう!」
2000年後…今、私たちの身の回りにあるモノはどうなっているのでしょう。2000年後の未来人になったつもりで、身近なものをインクとローラーでうつしとってみましょう。できた拓本(紙の化石)は裏から色をつけて、会場に貼り埋めつくします。美術館が「2000年後の部屋」に大変身!(つくった作品は一部もちかえることもできます。)

日時:8月10日(金)、11日(土) 13: 30~16:00

場所:伊丹市立美術館2階展示室
講師:柴川敏之 (美術作家/福山市立女子短期大学)
参加対象:小学生 (学年は問いません)

参加料:500円 (材料費)

募集定員:各日とも30名 (応募多数の場合は抽選) *各日同じ内容


主  催
伊丹市立美術館、(財)伊丹市文化振興財団、伊丹市

ページトップへ