開館20周年記念事業I三沢厚彦 アニマルズ+PLUS

会  期
2007年11月3日(土・祝)ー12月16日(日)
会  場
伊丹市立美術館・重要文化財旧岡田家住宅 [酒蔵]
休 館 日
月曜日(祝日は開館、翌日休館)
入 館 料
一般700(500)円/大高生350(250)円/中小生100(80)円
★スペシャル ペア鑑賞割引・キッズ+1
子ども1名(中学生以下)と大人 1名のペアの場合、お二人とも団体割引料金になります。
( )内は20 名以上の団体割引
兵庫県内の小中学生はココロンカード、クローバーカード呈示にて無料
4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日60 歳以上、土日祝65 歳以上)


三沢厚彦(1961年京都生まれ)は現在、美術の世界で最も注目されている作家の一人です。東京芸術大学で彫刻を学んだ後、2000年から動物をモチーフにした「Animals」シリーズを発表。樟の丸太から削り出された実物大の動物たちは生き生きとした存在感を放ち、2001年には第20回平櫛田中賞を受賞しました。

トラ、キリン、ゾウなどの野生動物やイヌ、ネコ、ブタなど身近な動物は、新鮮な造形感覚によって大胆にデフォルメされ、ユーモアとシニカルさを含んだ独創的な作品となっています。同時に、自然素材の木から新たな形を彫り出していくアニミスティックな行為は日本に古くから伝わる技法であり、作品の表面を覆い尽くす鑿跡の触覚性や量感は具象彫刻としての木彫の醍醐味を呈示しているといっても過言ではありません。

本展ではそうした三沢厚彦の造形世界を、新作を含む「Animals」シリーズを中心に、塑像やドローイング、さらにはYNG(奈良美智+graf)とのコラボレーションなどプラスαの要素を加えて紹介します。新たな彫刻表現の可能性を押し広げる三沢作品の数々に触れることで、彫刻の魅力をあらためて感じる好機となるでしょう。

 

関連企画

対談「彫るー三沢厚彦の動物たち」
日時:2007年11月11日(日)
山下裕二(明治学院大学教授)×三沢厚彦 14:00〜

ギャラリー・トーク「触れるー木と鑿(のみ)」(公開制作あり)
日時:2007年 11月25日(日)
講師:三沢厚彦 14:00〜

対談「つくるー役者と彫刻家」
日時:2007年12月2日(日)
寺田農(てらだ・みのり 俳優)×三沢厚彦 14:00〜

*各回とも
場所:美術館1F講座室
聴講無料・要観覧券


主  催
伊丹市立美術館、(財)伊丹市文化振興財団、伊丹市、読売新聞大阪本社、美術館連絡協議会、読売テレビ
共  催
伊丹市教育委員会
特別協賛
SHISEIDO
企画協力
西村画廊
展示協力
YNG(白クマ小屋)

ページトップへ