財団法人地域創造 平成20年度市町村立美術館活性化事業
世田谷美術館所蔵作品による向井潤吉展–風土をみつめる旅

会  期
2008年10月18日(土)ー11月24日(月・祝)
休 館 日
月曜日(祝日にあたる時その翌日)
入 館 料
一般700(500)円、大高生350(250)円、中小生100(80)円
( )内は20 名以上の団体割引
兵庫県内の小中学生はココロンカード、クローバーカード呈示にて無料
4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日60 歳以上、土日祝65 歳以上)

 


向井潤吉(1901~1995)は京都市に生まれ、関西美術院に学びました。1920年に二科展に初入選後、1927年に渡欧、ル―ブル美術館で模写に没頭し、技法、表現の研究を重ねました。

1930年には樗牛賞を受賞し、1933年からは、東京都世田谷区にアトリエを構え、制作拠点としました。そのアトリエは現在、向井潤吉アトリエ館となっています。 1937年からは陸軍報道班員として、戦争記録画の制作にも従事し、1945年には行動美術協会の創立会員となります。戦後は高度経済成長の中、失われていく風景を記録していくことをライフワ―クとして茅葺屋根の民家をモチーフに日本全国の風景を描き続け、1959年、再び渡欧し、ヨ―ロッパ各地を写生しています。1995年に93歳で亡くなるまで日本の原風景を描き続けた画家です。描かれた風景は、郷愁と輝きにあふれ、自然に寄り添いながら営まれる暮らしの姿を、瑞々しい色彩をもって情趣豊かに表しています。

本展では、大正8年(1919)から平成元年頃までの作品を展示し、美しい里山の風景と調和し、見る者を惹きつけたその一貫した思想や表現力の秘密を世田谷美術館が所蔵する代表的作品群によって総合的に回顧し、画家の魅力と生涯を存分にお楽しみいただきます。

関連企画

●記念講演会
演題:「向井潤吉の画業にふれて」
講師:世田谷美術館美術担当課長 橋本善八(はしもと よしや)氏
日時:2008年10月18日(土)午後2時〜
会場:伊丹市立美術館1階講座室
(聴講無料、要観覧券/定員100名・先着順)

●エッセイ朗読会
演題:「向井潤吉・旅の記憶、旅の言葉」
朗読:俳優・劇団黒テント 小篠一成(おざさ かずなり)氏
日時:2008年11月1日(土)午後2時〜
会場:伊丹市立伊丹郷町館「旧岡田家住宅・酒蔵」(美術館隣接)
(聴講無料、要観覧券/定員100名・先着順)


主  催
伊丹市立美術館[(財)伊丹市文化振興財団・伊丹市]
特別協力
世田谷美術館
助  成
財団法人地域創造
後  援
伊丹市教育委員会

 

ページトップへ