直視せよ! オットー・ディックスの版画
戦争と狂乱- 1920年代のドイツ

会  期
2010年11月3日(水/祝) – 12月19日(日)
休 館 日
月曜日
開館時間
午前10時 – 午後6時(入館は午後5時半まで)
入 館 料
一般500(400)円、大高生250(200)円、中小生100(80)円
*( )内は20名以上の団体料金


オットー・ディックス(1891-1969)は、2つの世界大戦を挟む激動のドイツにおいて、人間存在の本質に迫った 20 世紀ドイツを代表する画家のひとりです。

魔術的レアリスムとも称される、その酷薄なまでに生々しい描写は、社会の実相と人間の本能をときに妖しく、そして冷ややかに暴きだします。

本展で展示される版画約 90 点には、画家にとって忘れ難いトラウマとなった第一次世界大戦の従軍経験が反映されています。さらに、やがて到来する「黄金の 20 年代」の胎動や、戦後の混乱が入り交じった都市の諸相が刻印されているのです。

「人間の狂気と獣性」、そして「虚無と退廃と背徳」。現実を直視し、ありのままに表現し続けた画家ディックスの、最も実り豊かな時代の作品はまさに必見といえるでしょう。日本では約 20 年ぶりのまとまった展覧となる絶好の機会です。

プレス関係者の方は、こちらよりプレスリリース(PDF)をダウンロード下さい。
dix press release (1.7MB)

*タイトルイメージの作品は町田市立国際版画美術館蔵。図版提供であり、本展出品作の刷りとは異なります。

関連企画

●映画「戦場のアリア」(ラスタ映画倶楽部タイアップ企画)
第一次世界大戦を舞台にヨーロッパ各地で今も語り継がれる戦場の奇跡。
日時|2010 年 11 月 6 日[土] 10:00 / 14:00 / 18:00 全席自由
会場|伊丹市立生涯学習センター「ラスタホール」
展覧会&映画会共通割引チケット
一般 前売 1,000 円/当日 1,300 円
高校生以下・60 歳以上 前売 700 円/当日 1,000 円
*共通チケットは美術館・ラスタホールのほか、いたみホール、
 アイフォニック・ホール、アイ・ホール、伊丹市役所6F文化振興課で取扱
 詳しくは美術館までお問い合わせください。

●講演会「オットー・ディックスと 20世紀の自画像」
『闇の文化史モンタージュ 1920年代』などで知られる 20 世紀ドイツ文化史の権威が、 出品作をとおして当時の社会を読み解きます。
日時|2010 年 11 月 20 日[土] 14:00-15:30(予定)
講師|池田浩士(京都精華大学客員教授/京都大学名誉教授)

●講演会「版に世界を刻み込む」
日本初のディックス回顧展の企画者であり、ドイツ近現代美術に造詣の深い水沢勉氏がデ ィックスの作品世界について語ります。
日時|2010 年 12 月 12 日[日] 14:00-15:30[予定]
講師|水沢勉(神奈川県立近代美術館副館長兼企画課長)
*各回とも美術館 1F講座室
 定員 100 名、聴講無料(申込不要・先着順/要観覧券)

●ディックス・ウィーク DIX WEEK 1920’S 狂乱の時代の息吹
12 月2日(木)のディックス生誕の日を記念して、11 月 30 日[火] – 12 月 5 日[日] の週に 1920年代の息吹に触れる下記イベントを開催します。

Prosit ! 1 ドレス・コード割引「ジャズのリズムにのって」
2010年11月30日[火] – 12月5日[日]
家族でジャズ・バンドを結成するほど音楽好きだったディックスにちなみ、サックス、トランペットなど管楽器の柄が入った服装(バッジなど含む)でご来館されたお客様は 団体割引料金でご入館いただけます。
*他の割引との併用はできません

Prosit ! 2 ミュージアム・コンサート「Musik ! Musik !-黄金の20年代」
1920年代に流行したジャズやキャバレーソングに耳を傾けてみませんか。ディックスの代表作《大都会》(1928 年/未出品)の情景が目の前に広がるかも。
日時|2010 年 12 月 4 日[土] 14:00 / 16:00(各回 30 分)(予定)
出演|Take5
会場|伊丹市立美術館 聴講無料(申込不要/要観覧券)
*展示室で演奏の場合があります。その際、音が鳴りますこと、あらかじめご了承ください。

Prosit ! 3 お楽しみプレゼント Alles Gute zum Geburtstag
2010年12月2日[木]
12 月 2 日[木]のディックス生誕を祝して、当日、当館ショップにて本展カタログをご購入いただいた先着 20 名様にドイツにちなんだお楽しみプレゼントを差し上げます。


主  催
伊丹市立美術館[公益財団法人伊丹市文化振興財団・伊丹市]、ドイツ文化センター・大阪
企画・提供
ifa(ドイツ対外文化交流研究所)
助  成
公益財団法人野村財団

<<マッチ売り>> 1920年 © VG Bild-Kunst,Bonn

<<ランゲマルク近郊(1918年2月)>> 1924年 © VG Bild-Kunst,Bonn

ページトップへ