所蔵品展 人のかたち、生きもののけはい

会  期
2011年9月10日(土)-10月23日(日)
休 館 日
月曜日
(ただし 9月19日 [月祝], 10月10日 [月祝] は開館、
9月20日 [火] , 10月11日 [火] は休館)
開館時間
午前10時 – 午後6時(入館は午後5時半まで)
入 館 料
一般300(240)円、大高生200(160)円、中小生100(80)円
*( )内は20名以上の団体料金
 

作家にとって最も身近なモティーフである、人や生きもののかたちは、美術作品を成り立たせる骨格としての形・色・構造の源泉であることはもちろん、豊かな物語を表現するための重要な要素となります。
そしてすぐれた作家が、それらをモティーフにして作品をつくるとき、私たちが普段気づかずにいる多様なかたちが生み出され、そこから醸し出される濃密な けはい は、見る者に新鮮で心地よい驚きを与えてくれます。
本展では、当館の所蔵品を通して“人のかたち”や“生きもののけはい”のユニークな表現をご紹介します。


主  催
伊丹市立美術館[公益財団法人伊丹市文化振興財団・伊丹市]
共  催
伊丹市教育委員会

浅野竹二《かねたたき》1987 年

谷川晃一《楽園の蛇》1989 年

小牧源太郎《紗鶏》1950 年

浅野竹二《生きもののけはい》1985 年

武田秀雄《ALTAMIRA Bull frog(ウシガエル)》1994年

ページトップへ