陶酔のパリ・モンマルトル1880 – 1910
~シャ・ノワールをめぐるキャバレー文化と芸術家たち~

会  期
2011年4月16日(土) - 6月5日(日)
開館時間
午前10時-午後6時(入館は午後5時半まで)
休 館 日
月曜日
入 館 料
一般700(500)円 大高生350(250)円 中小生100(80)円
*( )内は20名以上の団体料金

退廃的な世紀末と享楽的なベルエポック。19世紀末から20世紀初頭にかけて、ふたつの対照的な時代を 駆け抜けたパリでは、実に様々な芸術が開花しました。1881年にモンマルトルで創業したキャバレー「シャ・ノワール(黒猫)」は、「アンコエラン(支離滅裂な人々)」と呼ばれる新進芸術家の拠点となり、最新の娯楽スポットとして活況を呈しました。とりわけ注目されたのが、画家リヴィエールらによって創設された影絵芝居です。シルエットの色彩効果や生き生きとした動き、さらに軽妙な口上や音楽が一体となったスペクタクルに人々は魅了されました。それは映画に先駆けた総合芸術であり、平面的で抽象度の高い舞台は、ロートレック、ゴーガン、ヴュイヤールといった画家たちにも大きな影響を与えたのです。

本展では、「シャ・ノワール」をはじめ、モンマルトルで繰り広げられた前衛芸術や大衆芸術を絵画、ポスター、影絵芝居の関連資料など約180点より紹介します。激動の時代の芸術を「キャバレー文化と娯楽」という新しい視点から捉える画期的な試みです。

プレス・リリース(1.3MB:クリックするとダウンロードされます)

ドレスコード割引「幸運の黒猫」

「幸運を探しに行く、シャ・ノワールのあたりに♪」というシャンソンの父ブリュアンの歌にちなみ、猫をモチーフにした服やアクセサリーを身に付けてご来館されたお客様は、団体割引料金にてご入館いただけます。(他の割引との併用はできません)

関連企画

◆講演会「モンマルトルのエスプリ:ユーモア、キャバレー、前衛」
本展監修者がパリ・モンマルトルの文化を紐解きます。
日時:2011年4月17日[日] 14:00-15:30(予定)
講師:フィリップ・デニス・ケイト Phillip Dennis Cate
   (ニュージャージー州立大学付属ジェーン・ヴーヒーズ・ジマーリ美術館名誉館長)
場所:美術館1F講座室 定員100名、聴講無料(申込不要・先着順/要観覧券)

◆トーク「シャ・ノワールの時代の音楽事情」
シャンソンからサティまで、歌姫による楽しいフランスの音楽話が満載です。
日時:2011年5月14日[土] 14:00-15:00(予定)
出演:深川和美(シャンソン歌手)
場所:美術館 定員30名、聴講無料(申込不要・先着順/要観覧券)

◆コンサート「キャバレッツシャ・ノワールのナイトミュージック」
(伊丹アイフォニックホール・タイアップ企画)
調べにのって華やかかりし往時のパリへタイム・トリップ!
入場料:[前売]一般2500円、学生2000円
*全席指定/当日500円増*発売3月21日(月祝)
日 時:2011年5月21日[土]17:00開演 16:30開場(予定)
出 演:歌=深川和美/ピアノ=鶴来正基/クラリネット=鈴木孝紀
会 場:伊丹アイフォニックホール(伊丹市立音楽ホール)
URL:http://hccweb1.bai.ne.jp/aiphonic/
入場料:[前売]一般2,500円、学生2,000円
*全席指定/当日500円増
*発売3月21日 [月祝]-

★ 展覧会+コンサートのコラボ割引チケット販売(前売のみ)!
  美味しいフランス菓子付(協力:アトリエ アルション)
■一般前売 3,000円 ■学生前売 2,000円
*販売=3月21日(月祝)5月10日(火)
 伊丹アイフォニックホール・美術館にて取扱。
*このほか、伊丹アイフォニックホールではロートレックの料理を再現した企画など開催。詳しくはホールまで(tel. 072-780-2110)

★本展限定メニュー
「モンマルトル・コース」が大阪の老舗フレンチに登場!

本展チケットをご持参の方にプチデセールプレゼント!
*注文時に半券をご呈示ください。

期間|2011年4月1日[金]- 5月31日[火]
場所・お問い合わせ|ビストロ・ダ・アンジュ 大阪市中央区心斎橋2-6-18 B1F
tel.:06­6211­6085  http://www.anjou.co.jp


主  催
伊丹市立美術館・伊丹市立工芸センター[公益財団法人伊丹市文化振興財団・伊丹市]、読売新聞大阪本社
後  援
フランス大使館
協  賛
エールフランス航空
監  修
フィリップ・デニス・ケイト(ニュージャージー州立ラトガース大学付属ジェーン・ヴーヒーズ・ジマーリ美術館名誉館長)
企画協力
アートインプレッション
協  力
伊丹アイフォニックホール、アトリエ アルション、ビストロ・ダ・アンジュ

アレクサンドル・テオフィール・スタンラン、ポスター《高名な「シャ・ノワール」一座近日来演》 1896年 北海道立帯広美術館蔵

レオーンス・ビュレ 《シャ・ノワール》 1896年、個人蔵

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック《「ディヴァン・ジャポネ」のポスター》1892年、北海道立帯広美術館蔵

ページトップへ