中原浩大 Drawings 1986-2012
コーちゃんは、ゴギガ?

会  場
伊丹市立美術館
会  期
2012 年9月22日(土祝)-11月4日(日)
休 館 日
月曜日(但し10月8日は開館、10月9日休館)
入 館 料
一般500(400)円/大高生250(200)円/中小生100(80)円
( )内は20 名以上の団体割引
兵庫県内の小中学生はココロンカード、クローバーカード呈示にて無料
4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日60 歳以上、土日祝65 歳以上)

 

このたび伊丹市立美術館では、2012年9月22日(土祝)より「中原浩大 Drawings 1986-2012 コーちゃんは、ゴギガ?」展を開催いたします。

中原浩大(1961年生まれ)は、現代美術のなかでもひときわ異彩を放つアーティストです。しかし、表現に対するストイックな姿勢ゆえに寡作となり、その実像はあまり知られていません。

1980年代半ば、大学在籍中から、「頭のなかのイメージをそのままざくっと取り出してきた」具象とも抽象ともつかない立体造形により、“関西ニューウェーブ”を代表する作家として注目を集めました。活躍の場は瞬く間に海外にまで広がり、1993年にはヴェニス・ビエンナーレのアペルト部門に選出されます。

時代の先駆者として駆け抜けた10年あまりの歳月。その間に発表された作品は、実に多種多様です。

大理石やブロンズなど従来の彫刻素材によるもの、床を覆い尽くす毛糸の編み物、13万個ものレゴブロックを使った巨大モンスター、そしてアニメのフィギュアを用いた作品。これらはその革新性とともに今なお語り継がれ、若手アーティストに多大な影響を与えています。

こうした創作活動の一方で、中原は綿々と“ドローイング”を続けてきました。日常のなかで引掛ったもの、響いたものをただ紙の上に描きとめるだけの、いわば中原自身が触媒と化す営み。それは本能に近い特別な存在として、作品制作とは別の次元に位置づけられています。「“迫害や試練のないままのお絵描き”行為として温存し生き延びている」と自ら語るように、ドローイングには「生(なま)の感覚」を追い求める、原初的な中原浩大像が刻印されているのではないでしょうか。

当館所蔵の最初期の作品を機に企画された本展では、新作を含め多数の未発表作品を紹介し、20年以上におよぶドローイング行為の全貌に迫ります。

関連企画

1.ボディ・ドローイング
自分にドローイングするってどんなかんじ? 自分の体に思いのままに落書きしてみるワークショップです。
2012年10月7日(日) 午後2時~4時
講師:中原浩大
会場:美術館1F講座室
自由参加(ただし席数に限りがあります) 参加無料(要観覧券)

2.対談「コーちゃんは、ゴギガ?」
学生時代から中原浩大を知る石原友明氏との対談。時代を牽引してきた二人が “ドローイング”について語り合います。
2012年10月21日(日) 午後2時~3時30分
石原友明(美術家)×中原浩大
会場:美術館1F講座室
定員:100名(先着順) 聴講無料(要観覧券)

★展覧会関連グッズや中原浩大作品関連グッズを展覧会会場にて販売しております。
★カタログ近日刊行予定!詳細は追ってお知らせいたします。


主  催
伊丹市立美術館[公益財団法人伊丹市文化振興財団・伊丹市]
協  賛
株式会社資生堂
協  力
株式会社ノマル

《カマキリ》1987年 クレヨン,鉛筆,紙 伊丹市立美術館所蔵

《ドローイング(ピンクイルカ-1)》制作年不詳(1992-94年頃) サインペン,紙 作家蔵

《RightHand‐B》1996年(1995年撮影) カラープリント 作家蔵

ページトップへ