パディントン ベア™ 展
イギリスで誕生した愛らしいクマの物語

会  場
伊丹市立美術館・伊丹市立工芸センター
会  期
2012 年7 月7 日(土)~9 月2 日(日)
休 館 日
月曜日(祝日のときは開館し翌日休館)
入 館 料
一般800(700)円、大高生450(350)円、中小生150(100)円
( )内は20 名以上の団体割引
兵庫県内の小中学生はココロンカード、クローバーカード呈示にて無料
4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日60 歳以上、土日祝65 歳以上)
 


児童文学作品として世界中で愛されている「くまのパディントン」。南米のペルーからロンドンにやってきた主人公のパディントンが、ひょんなことからブラウンさん一家と一緒に暮らし始め、たちまち街の人気者になるというお話は、1958 年、原作者マイケル・ボンド氏(1926~)による小説から始まりました。その後、絵本やグッズ、ぬいぐるみなどと展開し、イギリスを代表するキャラクターのひとつとして日本でも高い人気を得ています。

本展では、生みの親であるボンド氏ゆかりの貴重な品々や、原作の小説のために描かれた挿絵原画をはじめ、様々な作家によって絵本化された際の原画、イギリスの新聞(1970 年代後半)に連載された漫画原画、イギリスで製作放送されて日本でも放送されたパペットアニメの資料、そして世界中で親しまれるパディントンのぬいぐるみのなかでも貴重な品々など、約200 点を展示。いま話題のロンドンから、パディントンが日本へやってきます。

展示内容

1.
パディントン ベアの誕生
生みの親マイケル・ボンド氏ゆかりの品々、小説シリーズ初版本、挿絵の原画など。
2.
絵本になったパディントン
様々な作家によって絵本化された際の原画や絵本。
3.
本から飛び出したパディントン
イギリスの新聞(1970 年代後半)に連載された4コマ漫画の原画、イギリスで製作放送され日本でも放送されたパペットアニメの小道具など。
4.

世界で愛されるパディントン
ガブリエルデザインズ社(イギリス)やイーデントイズ社(アメリカ)、シュタイフ社(ドイツ)などにより製作された貴重なぬいぐるみ。さらに世界で作られた数々のグッズなど。

関連企画

◆パディントンがやってくる!
展覧会オープンを祝ってパディントンが会場にやってきます。
日時|2012年7月7日[土]10:30/13:30/15:30の3回(各30分)

◆カフェ”ママレード”
パディントンにちなんだオリジナルメニューをご用意しております。
日時|会期中の下記の土日(各日11:00 – 17:00)
7月7日・8日・21日・22日/8月11日・12日・18日・19日/9月1日
場所|旧石橋家住宅1階カウンター(美術館隣接)
協力|リラク香房るあん

◆特別コーナー「パディントンといっしょに」
パディントンがロンドン各所をご案内。ぬり絵や写真コーナーもあるよ!
会期中/自由参加


主  催
伊丹市立美術館・伊丹市立工芸センター[公益財団法人伊丹市文化振興財団・伊丹市]、神戸新聞社
共  催
伊丹市教育委員会
後  援
NHK 神戸放送局、サンテレビジョン、ラジオ関西

R.W.アリー画 Illustrated by R.W. Alley Illustrations © R.W.Alley 2012

フレッド・バンベリー画 Illustrated by Fred Banbery©Estate of Fred Banbery,2012

ジョン・ロバン画 Illustrated by John Lobban©John Lobban/HarperCollins 2012

ペギー・フォートナム画 IIllustrated by Peggy Fortnum© P&Co Ltd 2012

アイバー・ウッド画 Illustrated by Ivor Wood© P&Co Ltd 2012

ページトップへ