棚田康司「たちのぼる。」展

会  期
2013年4月6日(土)ー5月26日(日)
開館時間
10:00-18:00(入館は17:30 まで)
会  場
伊丹市立美術館/旧岡田家住宅・酒蔵
休 館 日
月曜日(但し4月29 日・5月6 日は開館、4月30 日・5月7日は休館)
入 館 料
一般800(700)円/大高生450(350)円/中小生150(100)円
( )内は20 名以上の団体割引
兵庫県内の小中学生はココロンカード、クローバーカード呈示にて入場無料
4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日は60歳以上、土日祝は65歳以上)

《くらおかみ》2012 年

撮影:宮島径

 

現代彫刻家、棚田康司は一貫して木彫に取り組み、特に2001 年ベルリン滞在後からは「一木造り」という日本古来の木彫技法によって「少年少女」を彫りつづけてきました。手足が長く脆弱なほど細身で不安定に立ちながらも、揺るぎない意思と神秘性を秘める少年少女たちは、「人間」の本質を現し、今日の世界に生きる人間像を投影しているといえるでしょう。

本展のタイトルにある「たちのぼる。」という言葉は、煙のようにゆらゆらと揺れながら天空へ昇っていく少年少女をモチーフとする、本展初公開となる最新作につけられたタイトルでもあります。本作は、東日本大震災の被災地である東北生活文化大学高等学校普通科(仙台市)と、阪神淡路大震災が起こった年に生まれた兵庫県立明石高等学校美術科の生徒たちの協力のもと制作され、あらゆる試練に遭遇しながらも一人の人間として上昇するイメージ、また上昇して欲しいという想いが込められました。

関西初の大規模個展となる本展では、大学院修了作品から最新作までの約50 点の彫刻、さらに制作の源泉であるスケッチなどを展示し、棚田の制作を網羅的に紹介します。また隣接する旧岡田家住宅・酒蔵(江戸時代/重要文化財)にも作品展示するなど、存在力をもって立ち現れる像たちが構築する深遠な世界をご覧いただきます。

 

プレス・リリース (PDF : 1.17MB)

関連企画

1.アーティスト・トーク:棚田康司
A 2013年4月6日(土)14:00-15:00(予定)
B 2013年4月28 日(日) 14:00-15:00(予定)
会場:本展会場内
*聴講無料/要・当日観覧券(申込不要)

2.ワークショップ「木で“家”をつくろう!」
作成した“家”は展示作品《家の少女》2010 年とともに会期中展示されます。
講師:棚田康司
日時:2013年4月7日(日)A10:30-12:30 B14:00-16:00
会場:美術館1F講座室
定員:各回先着20 名(小学生~大人、ただし10 歳未満は要保護者同伴)
参加費:1,000 円(材料費/観覧料含む)
事前申込:電話にてお申込ください(美術館072-772-7447 まで、上記の時間どちらかをお選びください)

3.対談 棚田康司×三沢厚彦(彫刻家)
日時:2013年4月27日(土)14:00-15:30(予定)
会場:美術館1F講座室
定員:100名(先着順) 聴講無料(要観覧券)


主  催
伊丹市立美術館・伊丹市立伊丹郷町館[公益財団法人伊丹市文化振興財団・伊丹市]、神戸新聞社
共  催
伊丹市教育委員会
特別協力
ミヅマアートギャラリー
協  力
兵庫県立明石高等学校美術科、東北生活文化大学高等学校
後  援
サンテレビジョン、ラジオ関西

《強制のトルソ-ボタンの

少女》2012 年

撮影:宮島径

 

《生える少年》2011 年

撮影:宮島径

 

《小さな少女》2011 年

撮影:宮島径

 

©TANADA Koji / Coutesy of Mizuma Art Gallery

 


くらおかみs

本展チラシ:↑↓Clickで拡大
少年s

ページトップへ