加藤久仁生展 静かに温かい、ひとかけらの物語。

会  期
2013年7月13日(土)ー9月1日(日)
開館時間
10:00-18:00(入館は17:30 まで)
会  場
伊丹市立美術館・伊丹市立工芸センター
休 館 日
月曜日(但し7月15日は開館、翌16日は休館)
入 館 料
一般800(700)円/大高生450(350)円/中小生150(100)円
( )内は20 名以上の団体割引
兵庫県内の小中学生はココロンカード、クローバーカード呈示にて入場無料
4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日は60歳以上、土日祝は65歳以上)

 

 

2009 年に「つみきのいえ」で日本人初の米国アカデミー短編アニメーション賞を獲得した加藤久仁生(かとうくにお: 1977-)。加藤は大学在学中から自主制作で頭角を現し、その比類ない描写力と世界観が注目を集めてきました。約1年間を費やしてきた「つみきのいえ」では、静けさの漂う映像に心暖まるストーリーが展開され、世界各地で大きな喝采を浴びました。

初の本格的な個展となる本展では、ロボット入社後に制作した「赤い実」などの作品、「つみきのいえ」のスケッチや絵コンテ、アニメーション、そして同作のベストセラー絵本『つみきのいえ』の原画などを展示。さらに本展のために制作した短編アニメーション「情景」も披露、展示ディスプレイにはデザイナーの小泉誠氏が一部構成するなど、新進気鋭のアニメーション作家・加藤久仁生が時間と記憶によって紡ぎだす、温かい色彩と線描によって描く儚くも美しい世界をお楽しみいただきます。

 

プレス・リリース (PDF : 1.1MB)

関連企画

1.アーティスト・トーク:加藤久仁生
加藤久仁生と一緒に展覧会場を巡ります。
日時:7月13日(土)① 11:00 から1時間程度 ②14:00 から1時間程度
場所:本展会場内(当日1階ロビーにお集まり下さい)
*聴講無料/要・当日観覧券(申込不要)

2.特別コーナー「情景のアルバム」
あなたの「情景」を描いてみませんか?1枚の紙に描かれたみなさんの「情景」を会場内に展示致します。
日時:会期中の開館時間内
場所:本展会場内
※自由参加(ただし要・当日観覧券)


left

right

本展チラシ: Clickで拡大


主  催
伊丹市立美術館・伊丹市立工芸センター[公益財団法人伊丹市文化振興財団・伊丹市]、朝日新聞社
共  催
伊丹市教育委員会
企画協力
ロボット
協  力
白泉社
後  援
日本アニメーション協会

アニメーション

「或る旅人の日記 赤い実」

2004年

連載「あとがき」原画

2011年

 

絵本「つみきのいえ」

原画 2008年

絵本「つみきのいえ」

スケッチ 2008年

アニメーション

「つみきのいえ」2008年

 

全ての画像:©ROBOT

ページトップへ