会  期
2014年1月11日(土)ー3月9日(日)
休 館 日
月曜日(1月13日は開館、翌14日は休館)
入 館 料
一般300(240)円/大高生200(160)円/中小生100(80)円
( )内は20 名以上の団体割引
兵庫県内の小中学生はココロンカード、クローバーカード呈示にて入場無料
4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日は60歳以上、土日祝は65歳以上)

 

 

伊丹市立美術館では2014年新春の展覧会として、コレクション展であるTHE COLLECTION 2014(2014年1月11日−3月9日)を開催いたします。伊丹市立美術館の多彩な所蔵品のなかから、知的好奇心を駆り立てる2つのテーマで企画するコレクション展です。

第2弾となる本展では、Room1: 凸凹(デコボコ)/Room2: 戦争の惨禍ゴヤによる80 点の銅版画集を開催いたします。

Room 1 : 凸凹(デコボコ)では、オノレ・ドーミエ《ドン・キホーテとサンチョ・パンサ》1850-52年をはじめとする様々なジャンルの作品から、素材・視覚効果・モチーフなどにみる凸凹の表現について取り上げます。

またRoom 2 : 戦争の惨禍 ゴヤによる80点の銅版画集では、スペインの巨匠フランシスコ・デ・ゴヤ(1746-1828年)による4大連作版画集の一つであり、1808年から約6年間つづいた対仏独立戦争の凄絶な記録である銅版画集《戦争の惨禍》より、貴重な初版全80点を一堂に紹介します。

 

プレス・リリース (PDF : 123KB)

 

「Room2 : 戦争の惨禍 ゴヤによる80点の銅版画」は、

「伊丹市芸術家協会展」3/15(土)→3/30(日)の開催中にも継続開催します。

入館料:一般200(160)円、大高生100(80)円、中小生50(40)円

*「伊丹市芸術家協会展」は入場無料

 


主  催
伊丹市立美術館[公益財団法人伊丹市文化振興財団・伊丹市]
共  催
伊丹市教育委員会

ページトップへ