会  期
2014年7月5日(土)ー8月31日(日)
開館時間
10:00-18:00(入館は17:30 まで)
会  場
伊丹市立美術館
休 館 日
月曜日(ただし7月21日は開館、翌22日は休館)
入 館 料
一般800(700)円、大高生450(350)円、中小生150(100)円
( )内は20 名以上の団体割引
兵庫県内の小中学生はココロンカード呈示にて入場無料
4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日は60歳以上、土日祝は65歳以上)

 

絵本作家ビネッテ・シュレーダー(Binette Schroerder, 1939−)は、『お友だちのほしかったルピナスさん』や『わにくん』などの代表作をはじめ、これまで24作の絵本を出版し、さらに70歳を超えてもなお新作に取り組んでいます。

シュレーダーはドイツのハンブルクに生まれ、ミュンヘンの美術学校を経たのちにスイスの実業学校でグラフィックを学び、さらにベルリンに移ってからはグラフィック・デザイナー、肖像写真家、イラストレーターとして働きます。しかし絵本作家になるという子どもの頃からの夢を諦めることはなく、自分なりに絵本を描きつづけました。そして1969年、初めての絵本『お友だちのほしかったルピナスさん』でBIB金のりんご賞をはじめ数々の賞を受賞し、絵本作家として歩みはじめます。「子どもたちが絵を見ているうちに、その中に入ってしまいたくなるような、そういうファンタジーの世界を描き出したい」というシュレーダーの絵本には、透明感のある色彩が塗り重なる幻想的な情景が描かれており、みる者を物語世界へと誘い込みます。

本展では、世界中で長年愛されている数々の名作絵本から原画や草稿を展示するとともに、一枚絵やマリオネット、石の創作なども加えた約200点をご紹介し、シュレーダーが描く美しく不思議な世界をお楽しみいただきます。

 

プレス・リリース (PDF : 967KB)

関連企画

ギャラリー・トーク
シュレーダーの作品について会場を巡りながらお話いただきます。
日時:2014年7月5日(土) 11:00~、7月26日(土) 14:00~(各約一時間)
ゲスト:武井利喜(小さな絵本美術館 館長)
※聴講無料(要観覧券)/申込不要(当日先着順)
※当日、美術館1階ロビーにお集りください

石ころアート「なににみえるかな?」
石ころが○○に変身!?想像をふくらませて描いてみよう!
日時:2014年7月27日(日) 13:30~
ゲスト:さとうわきこ(絵本作家)
場所:美術館1F 講座室(定員20名)(小学生未満は保護者同伴でご参加ください)
※参加費無料(要観覧券)/要予約(定員に達しました)

カフェ「えほん × うちわ」
2014年7月5日(土)、6日(日)、19日(土)、20日(日)、21日(月祝)
8月2日(土)、3日(日)、16日(土)、17日(日)、30日(土)、31日(日)
時間:11:00~17:00
場所:旧石橋家住宅1Fカウンター(伊丹郷町館内・美術館隣接)
協力:ハーバルカフェ ルアン(HP)

図録やオリジナルグッズも販売いたします。 
*通販についてはこちらをご覧ください。


主  催
伊丹市立美術館[公益財団法人伊丹市文化振興財団・伊丹市]、
神戸新聞社
共  催
伊丹市教育委員会
後  援
サンテレビジョン、ラジオ関西
協  力
岩波書店、偕成社、福音館書店

『お友だちのほしかった

ルピナスさん』より

「あついお茶」

1968-69年, ガッシュ・紙

『アーチボルドのほっぺた』

より「リンゴの木」

1968-70年, ガッシュ・紙

『わにくん』より

「ソフィーさんを

ひとのみする」

1974-75年

ガッシュ・水彩・紙

《赤い鳥のフェリックスと

マスタード王》

1971年, ガッシュ・紙

ページトップへ