COLLECTION 2
ドーミエどーみる? しりあがり寿の場合
Shiriagari Zooms in on Daumier

会  期
2016年1月16日(土)ー3月6日(日)
開館時間
10:00-18:00(入館は17:30 まで)
会  場
伊丹市立美術館
休 館 日
月曜日
入 館 料
一般300(240)円、大高生200(160)円、中小100(80)円( )内は20 名以上の団体割引
兵庫県内の小中学生はココロンカード呈示にて入場無料
4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日は60歳以上、土日祝は65歳以上)

 

 

 

 

諷刺画で知られる当館において、19世紀フランスの画家オノレ・ドーミエ(1808-1879)のコレクションは大きな柱のひとつです。
ドーミエは、近代化とともに新しい都市へと様変わりするパリの相貌を活写し、ドガやロートレックなど後進の画家に影響を与えました。
洋梨姿の国王に、戯画化された政治家の面々、ロベール・マケールやラタポワールといった架空のキャラクター、あるいはパリの風俗や市井の人々の喜怒哀楽など、まるで芝居のワンシーンやスナップ写真のように、ときに辛辣で、ときに愛すべき日常劇がそこから立ち現れてきます。
こうしたドーミエの魅力を再考する試みとして、独特のユーモアで現代の世相を鋭く表現する漫画家・しりあがり寿(1958- )を招き、当館のドーミエ・コレクションを基に作品を制作してもらいます。対象の特徴を瞬時に捉える観察眼と躍動感あふれる描写力では、ドーミエに勝るとも劣らない才をもつしりあがりの目にドーミエ作品はどのように映るでしょうか。そしてどのような出会いの化学変化が生まれるでしょうか。ドーミエの珠玉の作品とともにしりあがり流諷刺画をお楽しみください。

プレスリリース(1.4MB)

オノレ・ドーミエ Honoré Daumier(1808−1879)
マルセイユに生まれる。1815年パリに移り、公証人の使い走りとして働きながら絵やリトグラフの技法を学ぶ。共和派の編集者シャルル・フィリポンに見いだされ、諷刺雑誌「カリカチュール」などに寄稿、七月王政を痛烈に批判した政治諷刺を次々と手がけた。1835年に厳しい言論弾圧法が施行されて以降は、小市民の風俗的主題に転じ、諷刺新聞「シャリヴァリ」を舞台に温かいまなざしで市井の人々を描いた。 生涯の作品は4,000点近いリトグラフとさらに1,000点の木口木版、300点の油彩、そして彫刻と多岐に及ぶ。

しりあがり寿  Shiriagari Kotobuki(1958-  )
静岡市生まれ。1981年多摩美術大学グラフィックデザイン専攻卒業後キリンビール株式会社に入社し、パッケージデザイン、広告宣伝等を担当。1985年単行本『エレキな春』で漫画家としてデビュー。1994年独立後は、幻想的あるいは文学的な作品など次々に発表、新聞の4コママンガから長編ストーリーマンガ、アンダーグラウンドマンガなど様々なジャンルで独自な活動を続ける一方、近年では映像、アートなどマンガ以外の多方面に創作の幅を広げている。
主な展覧会として2006年「日本×画展」(横浜美術館)、2011年「秋山祐徳太子×しりあがり寿 ブリキの方舟」(広島市現代美術館)、2012年「ゆるとぴあ ーボクたちは世界をボーッと見ているー」(横浜市民ギャラリーあざみ野)など。2012年 第15回文化庁メディア芸術祭マンガ部門で東日本大震災後を描いた『あの日からのマンガ』が優秀賞を受賞。

ⓒShiriagari Kotobuki 2015

 

 


主  催
伊丹市立美術館[公益財団法人伊丹市文化振興財団・伊丹市]
共  催
伊丹市教育委員会

オノレ・ドーミエ

《くたばったなラファイエット!… ざまあ見ろ!》

1834年

 

オノレ・ドーミエ

《1831年の仮面の数々》

1832年

オノレ・ドーミエ《夫婦風俗7 結婚6ヶ月 共感は魂の絆なり》1839年

 

ページトップへ