会  期
2015年9月12日(土)ー10月25日(日)
開館時間
10:00-18:00(入館は17:30 まで)
会  場
伊丹市立美術館
休 館 日
月曜日(但し9月21日および10月12日は開館、9月24日および10月13日は休館)
入 館 料
一般500(400)円、大高生250(200)円、中小100(80)円
( )内は20 名以上の団体割引
兵庫県内の小中学生はココロンカード呈示にて入場無料
4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日は60歳以上、土日祝は65歳以上)

 

伊丹市立美術館の所蔵品を色々な角度からご紹介するコレクション展。 2015年度の第一弾では国際的評価を受ける伊丹市在住の抽象画家・鷲見康夫(すみ・やすお)の初期作品に注目しました。鷲見が活動を始めた1950年代を切り口に「Room 1 カンヴァスよ、汚れよ─鷲見康夫の50年代」と「Room 2 Hot and Cool」の2部構成でご紹介します。

 

*「コレクション1 カンヴァスよ、汚れよ-鷲見康夫の50年代」出品作家の鷲見康夫氏が10月12日(月祝)にご逝去されました。生前のご功績を偲びつつ、深く哀悼の意を表します。

Room 1 カンヴァスよ、汚れよ─鷲見康夫の50年代

鷲見康夫(1925年生まれ)は、1950年代半ばから今なお現役で創作活動を続けている抽象画家です。 制作をはじめてまもなく、発足したばかりの「具体」こと具体美術協会の会員となり、初期メンバーの一人として具体が解散するまで活動をともにしました。野外での展示や舞台上でのパフォーマンスなど、通常の絵画制作とは異なる先鋭的な表現を試みる具体のなかにあって、鷲見もまた既成概念にとらわれない制作に没頭、駄々っ子が画面の上で遊び回ったような「汚れ」が鷲見の魅力となりました。
1.ダイナミックな作品を野外展風に再現
「真夏の太陽にいどむモダンアート 野外実験展」(1955)での、金網を松林に張りめぐらした作品は鷲見の代表作のひとつです。当館ではヴェネツィア・ビエンナーレ(1993)で再現展示された作品の一部を収蔵。建築集団dot architectsの協力のもと展示室全体を使ったインスタレーションを試みます。
展示設計:dot architects
2.貴重な初期作品が揃う好機
数少ない現存作品の中から他館、個人所蔵家からも拝借して1950年代の貴重な作品10点が並びます。これだけ作品が揃う機会は本展が初めてです。
3.新出のドキュメント映像を初公開
1959年にBBCが取材した幻の映像を初公開!こうした珍しい映像を紹介するほか、写真資料や文献から作品の変遷を辿ります。

Room 2 Hot and Cool

1.「熱い/冷たい」絵ってなに?
1950年代〜60年代にかけ抽象絵画の傾向を「熱い抽象」(自由な色彩や動的な構図)、「冷たい抽象」(幾何学的で抑制された色彩)と呼んで大別しました。Room1で紹介する鷲見が所属していた具体美術協会もその機運のなかで「熱い抽象」と形容されました。 難しいと思われがちな抽象絵画ですが、こうした感覚的なことばで見直すと身近に感じられるのではないでしょうか? 20世紀に興った抽象絵画の流れを具体と同時代の作家を軸に展覧します。
2.様々な「Hot and Cool」
「熱い/冷たい」という表現は、人間の暮らしや内面からわき出る感情と分かちがたく結びついています。Room2では戦後の抽象絵画のほか、当館が誇る諷刺画コレクションの中から「お暑いのはお好き?」「まなざしにみる想い」「冷ややかな嘲笑と熱烈な諷刺」をテーマに作品を紹介します。

ショップからのお知らせ

復刻版『具体』が入荷!
具体美術協会の幻の機関誌『具体』が全号揃って完全復刻!!
全12冊(14号まで発刊/10, 13号欠号)+別冊 *セット函入

「カンヴァスよ、汚れよー鷲見康夫の50年代」会期限定 特別価格 20% OFF
定価120,000円(税込 129,600円)→ 96,000円(税込 103,680円)

*お支払いいただいた後、出版社(藝華書院)より商品を発送します。送料無料

ここがすごい!!
1.入手困難な超レア誌「具体」の全貌が明らかに!
2.ネガ・プリントの選定まで見直したこだわりのクオリティ
3.豊富な写真、洗練されたデザイン感覚
4.全エッセイ英訳、解説・解題付き

販売終了しました。

プレス・リリース (1.1MB)


主  催
伊丹市立美術館[公益財団法人伊丹市文化振興財団・伊丹市]

鷲見康夫《work1956》

1956年(1993年再制作)

鷲見康夫《作品》1955年

芦屋市立美術博物館蔵

森口宏一《景の仕組<ダイ>》1991年 当館蔵

ヴァシリー・カンディンスキー

《東方的なもの》(『回想』より)

1911年 当館蔵

辰野登恵子《無題I》

1982年 個人蔵(当館寄託)

ページトップへ