会  期
2015年4月11日(土)ー5月31日(日)
開館時間
10:00-18:00(入館は17:30 まで)
会  場
伊丹市立美術館・伊丹市立工芸センター
休 館 日
月曜日(ただし5月4日は開館、5月7日は振替休館)
入 館 料
一般900(800)円、大高生500(400)円、中小生200(150)円
( )内は20 名以上の団体割引
兵庫県内の小中学生はココロンカード呈示にて入場無料
4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日は60歳以上、土日祝は65歳以上)

 

1963年に生まれたふたごの野ねずみ「ぐり」と「ぐら」。中川李枝子さんと山脇(大村)百合子さんの姉妹によるこの作品が50周年を迎えました。シリーズ累計は2,400万部にものぼる「ぐりとぐら」。その愛らしい絵とストーリーは、読み継がれる絵本の中の絵本として子供たちを魅了し続けてきました。

本展では「ぐりとぐら」のお話全7作品の貴重な原画をはじめ、姉妹のデビュー作である童話「いやいやえん」の挿絵原画まで、50年の軌跡を170点以上の原画で展観。さらに映画監督・宮崎駿さんと中川さんの貴重な対談映像、世界11の国と地域に広がる海外版の展示や、読書コーナーなど「ぐりとぐら」 の全てを紹介します。デザイナーの小泉誠さんによる会場構成とともに、大人から子供まで世代を超えて愛され続けてきた、ぬくもり溢れる世界をお楽しみいただきます。

 

『ぐりとぐら』 1963年 「こどものとも」原画(26-27頁)

 

公式サイト→http://www.asahi.com/event/gurigura50/

プレス・リリース (PDF : 2.0MB)

イベント情報

「絵本の読み聞かせ」
日時:2015年4月11日(土) 、5月24日(日) 午後2時~(各30分)
場所:美術館1階講座室
読み手:グループ「きりん」
※聴講無料(要観覧券)/申込不要

 


主  催
伊丹市立美術館・伊丹市立工芸センター[公益財団法人伊丹市文化振興財団・伊丹市]、朝日新聞社
共  催
伊丹市教育委員会
協  力
福音館書店
出品協力
宮城県美術館

『ぐりとぐらのえんそく』

1979年

「こどものとも」表紙原画

『ぐりとぐらのおきゃくさま』

1966年「こどものとも」

原画(24-25頁)

『ぐりとぐらの1ねんかん』

1997年

原画(18頁)

 

中川李枝子/作

山脇(大村)百合子/絵

福音館書店/刊

原画/宮城県美術館蔵

©Rieko Nakagawa

©Yuriko Yamawaki

ページトップへ