絵本のひきだし 林明子原画展

会  期
2017年11月3日(金祝)-12月24日(日)
入 館 料
一般800(700)円、大高生450(350)円、中小150(100)円
( )内は20 名以上の団体割引
兵庫県内の小中学生はココロンカード呈示にて入場無料
4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日は60歳以上、土日祝は65歳以上)

 

 

作者の林明子(1945年、東京生まれ)は、初めての物語絵本『はじめてのおつかい』をきかっけに『こんとあき』『あさえとちいさいいもうと』など数々の名作を生み出しました。初の大規模展となる本展では、福音館書店の月刊絵本『こどものとも』の創刊60周年も記念し、林明子の代表作から約150点の貴重な絵本原画を一堂にご紹介します。

 


主  催
伊丹市立美術館[公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団/伊丹市]
共  催
伊丹市教育委員会

『はじめてのおつかい』

ページトップへ