会  期
2018年6月16日(土)-7月29日(日)
休 館 日
月曜日 *ただし7月16日(月)は開館、7月17日(火)は休館
入 館 料
一般700(600)円、大高生350(250)円、中小150(100)円
( )内は20 名以上の団体割引
兵庫県内の小中学生はココロンカード提示にて無料
4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日は60歳以上、土日祝は65歳以上)

 
絵本「ミッフィー」(うさこちゃん)シリーズで知られ、2017年2月に惜しまれながら亡くなったオランダ人絵本作家、ディック・ブルーナ。グラフィックデザイナーとしての顔ももつブルーナは、ペーパーバックシリーズ「ブラック・ベア」を代表とする温かみのある名作を数多く残してきました。作品に共通する特徴は「シンプル」であること。余分なものを極力削ぎ落しつつ、独自のユーモアや情感を織り込む「シンプルさ」が常に作品に潜んでいます。
本展ではこれまでの作品を振り返り、200冊を超えるペーパーバック、約40点のデザイン原画やスケッチ、ミッフィーやボリスなどの絵本原画約30点にポスターの複製などを加えた約500点を展示し、ブルーナの「シンプル」を紹介します。
また、「シンプルの明日」というテーマで、日本のデザイン界で活躍する気鋭の4組(KIGI/groovisions/中村至男/ミントデザインズ)が、グラフィック、プロダクト、ファッションなどのジャンルで、ブルーナ作品からインスピレーションを受けた新作を発表します。
作品を際立たせる「シンプル」の正体とは何か、本展でその魅力に迫ってみてください。

フライヤー (1.2MB)
プレス・リリース(598KB)

関連イベント

ミッフィーにバースデーカードをおくろう!
6月21日はミッフィーのお誕生日です。バースデーカードにメッセージをかこう。
日時:2018年6月中(開館時間内)
※カードは1階受付にて配布(お一人様1枚)/要当日観覧券

同時開催の展覧会「コレクションにみる色・線・形」
伊丹市立美術館の所蔵品から明快な色・線・形の表現を特徴とする作品約100点を紹介。
会場:美術館2階展示室
※「シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン」展の当日観覧券でご覧いただけます。

特設ショップ
ブラック・ベアやミッフィーなど、展覧会限定アイテムや関連グッズ、書籍などがたくさん並びます。

1.「ブラック・ベア」シリーズ ポスター 1968年

2.『なんてこったい』原画 ペーパーバック 制作年不明

3.『遠くから来た男』 ペーパーバック 1958年

4.『雪の中の六人のシャドー』 ペーパーバック 1969年

BLACK BEAR © copyright: Dick Bruna © Dick Bruna


主  催
伊丹市立美術館・伊丹市立工芸センター[公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団/伊丹市]、朝日新聞社
後  援
オランダ王国大使館
共  催
伊丹市教育委員会
企画協力
ディック・ブルーナ・ジャパン、Mercis bv、ブルーシープ、松屋
協  力
福音館書店

1.

2.

3.

4.

ページトップへ