コレクション1 イメージの庭

会   期
2017年4月8日(土)-5月28日(日) 月曜日休館
入 館 料
一般300(240)円、大高生200(160)円、中小100(80)円( )
( )内は20 名以上の団体割引
兵庫県内の小中学生はココロンカード提示にて無料
4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日は60歳以上、土日祝は65歳以上)

 

 

朝、目覚める前のおぼろげな感覚──

夢のような、うつつのような、淡くはかなげな、でも確かにそこにあったイメージの数々。

美術作品を前にしたときに、そうした感覚にとらわれ、はっとすることはありませんか。マルセル・プルーストの『失われた時を求めて』でも、こうした眠りと覚醒にまつわる曖昧な、しかし鮮烈な感覚が描かれています。

忘れ去ったと思っていた記憶が、実は心の奥底に宿り、息をひそめつつも、めざめのときを待っているのです。それは夢や空想の物語かもしれませんし、走馬灯のように浮かびあがる記憶の断片かもしれません。きらめく色とりどりの世界が広がることもあるでしょう。

春のコレクション展では、近年の新収蔵品を中心に、まさにイメージが立ち現れる瞬間を強く想起させる作品群をご紹介します。脳裏に揺らめくイメージの饗宴をご堪能ください。

 

展示構成と主な出品作品

1.物語の世界

牡丹靖佳『おうさまのおひっこし』絵本原画、2012 年、鉛筆・水彩・油彩
ほか全30点

2.記憶の在り処ー眠りと覚醒

江口 週『失われた時を求めて』シリーズ、1999 年、鉛筆・水彩
ヴァシリー・カンディンスキー『回想』シリーズ、1911-13年(1971年刷り)

3.日常を切り取る

大河内信敬《作品名不詳》1937 年、油彩
浅野竹二《さじのある静物》1951 年、木版画

4.像をむすぶ

小川信治《Without You- 小鳥の説教》1999 年、アクリル絵具
辰野登恵子《無題 I》1982 年、リトグラフ
中原浩大《Right Hand-A》1996 年 (1995 年撮影 ,2012 年プリント )、ラム ダプリント・アルミ・アクリル
山田正亮《Work》1985 年、水彩

合計約 70 点
*章タイトルは未定です。展示構成も変更になる場合がございます。

プレス・リリース (873kb)

牡丹靖佳『おうさまのおひっこし』絵本原画 2012年 個人蔵(当館寄託)

 


主  催
伊丹市立美術館[公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団/伊丹市]
共  催
伊丹市教育委員会

牡丹靖佳

『おうさまのおひっこし』

絵本原画

個人蔵(当館寄託)

2012年

ヴァシリー・カンディンスキー《月の風景の中の二人の婦人》(『回想』より)

1913 年(1971 年刷り)

江口 週《朝の光》

(『失われた時を求めて』より)

1999年

 

小川信治

《Without You- 小鳥の説教》

個人蔵(当館寄託)

1999年

 

ページトップへ