小さな画面に無限の世界 熊谷守一展

2012年4月14日(土)-5月27日(日)

97歳の長寿をまっとうし、約70年間にわたって絵を描きつづけた熊谷守一(岐阜県中津川市、1880-1977)。草花や小さな虫たち、猫、鳥などを、平明で鮮やかな色彩と明瞭な輪郭線で描く独自の作風は「モリカズ様式」と呼ばれ、長い画業のなかで模索を重ね、確立されたものです。

平成24年度 伊丹美術協会展

2012年6月10日(日)-24日(日)

伊丹美術協会会員による洋画・日本画・写真・書・彫塑・工芸・デザインと、多様なジャンルの作品を展覧します。 対象に真摯な態度で迫った具象作品から、既成概念にとらわれない自由な表現が新鮮な抽象作品、また伝統に裏打ちされた書、工芸作品等、多彩な作品が出品さ れます。 活気あふれる作品展をお楽しみ下さい。

パディントン ベア™ 展
イギリスで誕生した愛らしいクマの物語

2012 年7 月7 日(土)-9 月2 日(日)

本展では、生みの親であるボンド氏ゆかりの貴重な品々や、原作の小説のために描かれた挿絵原画をはじめ、様々な作家によって絵本化された際の原画、イギリスの新聞(1970 年代後半)に連載された漫画原画、イギリスで製作放送されて日本でも放送されたパペットアニメの資料、そして世界中で親しまれるパディントンのぬいぐるみのなかでも貴重な品々など、約200 点を展示。いま話題のロンドンから、パディントンが日本へやってきます。

中原浩大 Drawings 1986-2012
コーちゃんは、ゴギガ?

2012年9月22日(土祝)-11月4日(日)

自身の感覚的反応そのものをイメージ化するべく、次々と斬新な作品を発表し、時代の先駆者となった中原浩大(1961年生まれ)。「作品を作る」という意識とはやや異質な営為ながら、中原が一貫して取り組んできた"ドローイング"に着目することで、中原浩大という作家の実像に迫ります。一連のドローイングによって、もう一つの原初的な中原浩大像が浮き上がってきます。

鬼海弘雄写真展 PERSONA
東京ポートレイト、インディア、アナトリア

2012年11月10日(土)-12月24日(月祝)

写真家・鬼海弘雄(1945-)の全貌に迫る関西発の大規模な回顧展。 30年以上にわたり撮り続けた、強烈な存在感と詩情をあわせもつ人々のポートレイト『PERSONA』シリーズを中心に厳選されたモノクロ作品約200点を紹介します。

コレクション
ウラがもれる

2013年1月12日(土) -3月3日(日)

所蔵品のなかから、見る者に日常のウラにある不可思議な世界を開示してくれる作品を紹介します。

平成24年度 伊丹市芸術家協会展

2013年3月9日(土)-3月24日(日)

伊丹市ゆかりの美術家による絵画、彫刻、工芸、書、写真など様々なジャンルの作品を展覧します。

ページトップへ