コレクション1 イメージの庭

2017年4月8日(土)-5月28日(日)

夢のような、うつつのような、淡くはかなげな、でも確かにそこにあったイメージの数々。春のコレクション展では、“イメージがうまれるところ”をテーマに、近年収蔵された作品を中心に記憶や物語にちなんだ作品をご紹介します。

平成29年度 伊丹美術協会展

2017年6月4日(日)-6月18日(日)

伊丹美術協会会員による洋画・日本画・写真・書・彫塑・工芸・デザインと、多様なジャンルの作品を展覧します。

O JUN × 棚田康司「鬩(せめぐ)」

2017年7月8日(土)-8月27日(日)

クレヨンや油彩など様々な画材を用いて具象的なモチーフを描きつづける画家・OJUN(オウジュン, 1956- )と、「一木造り」という日本古来の木彫技法によって神秘性ある少年少女を彫りつづける彫刻家・棚田康司(1968- )による二人展。新作を含む約100点の展示や公開制作など、日本現代美術を牽引する両作家の共演をお見逃しなく。

並河靖之 七宝展 ―明治七宝の誘惑・透明な黒の感性―

2017年9月9日(土)-10月22日(日)

明治後期に活動した京都の七宝家・並河靖之(1845-1927)は、国内外の博覧会で数度受賞し、帝室技芸員にも選ばれた日本を代表する七宝作家として、欧米諸国でも高い評価を得ました。本展では、並河の七宝作品や下絵、資料など約110点を一堂に集め、草花や蝶など華やかで美しい世界観を紹介します。

ページトップへ