日本・ブラジル国交樹立120年記念 大原治雄 写真展〜ブラジルの光、家族の風景〜

会  期
2016年6月18日(土)-7月18日(月祝)
会  場
伊丹市立美術館
休 館 日
月曜日(7月18日は開館)
入 館 料
一般700(600)円、大高生350(250)円、中小生150(100)円
( )内は20 名以上の団体割引
兵庫県内の小中学生はココロンカード呈示にて入場無料
4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日は60歳以上、土日祝は65歳以上)

治雄の甥・眞山エリオとイチジクの木 1955年

パラナ州ロンドリーナ

 

ブラジル写真界ではすでに高く評価されており、重要な写真家の一人として位置づけられている大原治雄(1909−1999)。
17歳(1927年)で神戸港からブラジルに移住した大原は、南部パラナ州ロンドリーナで農園を経営しながら、アマチュアカメラマンとして写真を撮りつづけました。新天地で広大な農園を切り拓き、家族や仲間たちとの農作業のかたわら、身近な風景を柔らかな光をもって撮影しつづけた写真は、過酷な労働を感じさせることはなく、日常のささやかな喜び、自然の美しさ、そして人間讃歌に満ちています。それは、現代の私たちにとってもどこか懐かしく、新鮮なみずみずしさを感じさせます。
本展は、ブラジル屈指の写真アーカイブス「モレイラ・サーレス財団」の大原コレクションから約180点のモノクローム写真を展示し、日本ではまだ知られていない大原治雄の写真を、関西で初めて大規模にご紹介するものです。ブラジルの大地で生きた日本人写真家・大原治雄という新しい発見に、ぜひお立ち会いください。

 

プレス・リリース (PDF : 2.0MB)


主  催
伊丹市立美術館[公益財団法人伊丹市文化振興財団・伊丹市]、モレイラ・サーレス財団、駐日ブラジル大使館
共  催
伊丹市教育委員会
後  援
NHK神戸放送局
企画協力
株式会社コンタクト

 

ページトップへ