2005年10月30日(日)

昭和のモダンを音で聴く

小企画展「伊丹市制65周年ー伊丹モダニズム再発見」の関連行事として、蓄音機による『昭和のモダンを音で聴く』と題し1927年製のオルソフォニックという蓄音機で昭和初期の歌謡曲を鑑賞しました(午前の部:参加者14名、午後の部:参加者17名)。

2005年10月23日(土) 14:00〜

映画会 「カリガリ博士」

諷刺画講座Vol.5「表現主義」で『表現』しよう!。第三回目 は表現主義映画『カリガリ博士』(1920年・ドイツ)を、 嶋田邦雄氏(映画ジャーナリスト)にご案内いただき、鑑賞しました(有料受講者10名)。

2005年10月15日(土) 13:00〜

木版画講座 「顔を「表現」しよう!」

諷刺画講座Vol.5「表現主義」で『表現』しよう!。第二回目 は『顔を「表現」しよう!』と題し、 山口啓介氏(美術家)に指導していただき木版画講座を行いました(有料受講者14名)。

日時:2005年10月15日(土)
指導:山口啓介氏(美術家)

2005年10月8日(土) 14:00〜

講演会 「ドイツ表現主義とは」

まごの手企画第9弾は、諷刺画講座Vol.5「表現主義」で『表現』しよう!。その第一回目として『ドイツ表現主義とは』と題し、水沢 勉氏(神奈川県立近代美術館企画課長)にご講演いただきました(有料聴講者16名)。

日時:2005年10月8日(土)
講師:水沢 勉氏(神奈川県立近代美術館企画課長)

2005年9月25日(日) 14:00〜

講演会 「表現主義先駆者の女性画家パウラ・モーダーゾン=ベッカー、人と作品」

「パウラ・モーダーゾーン=ベッカーとヴォルプスヴェーデの画家たちー素描と版画1895-1906ー」展の関連行事として、佐藤洋子氏(早稲田大学大学院教授)に「表現主義先駆けの女性画家 パウラ・モーダーゾーン=ベッカー 人と作品」と題してご講演いただきました(聴講者48名)。

日時:2005年9月25日(日)
講師:佐藤洋子氏(早稲田大学大学院教授)
参加費:無料(要観覧券)

2005年8月6日(土) 16:00〜

対談「「いのちを考える」に取り組んで」

夏休み企画「いのちを考えるー山口啓介と中学生たちー」展の関連行事として、40名の聴講者を前に『「いのちを考える」に取り組んで』と題して山口啓介氏(彫刻家)と加藤義夫氏(美術評論家)による対談を行いました。

日時:2005年8月6日(土)16:00〜
山口啓介氏(美術家)×加藤義夫氏(美術評論家)
参加費:無料(要観覧券)

2005年7月27日(水)〜29日(金)、7月31日(金)

「子どもと造形」~紙粘土でコンビニ弁当を造ろう~

夏休みワークショップ第2弾、小学生による「子どもと造形」。今年も漫画家・武田秀雄さんを講師に迎え、博物館実習の大学生9名に助手をお願いし、「紙粘土でコンビニ弁当を造ろう」と題していろんな色や形のとってもおいしそうなお弁当を造りました。

ワークショップ:2005年7月27日(水)〜29日(金)
展覧会:2005年7月31日(日)

2005年7月23日(土)〜25日(月)、7月26日(火)〜8月28日(日)

いのちを考える「私の世界模型」

夏休みワークショップ第1弾(中学生)
夏休み企画「いのちを考えるー山口啓介と中学生たちー」展の関連行事として、山口啓介氏と市内中学生によるワークショップ「私の世界模型」を行い、美術館に隣接した重要文化財旧岡田家住宅(酒蔵)で展示されました。

ワークショップ:2005年7月23日(土)〜25日(月)
展覧会:2005年7月26日(火)〜8月28日(日)

2005年7月9日(土) 14:00〜

講演会 「造形集団環境造形Qについて」

「小林陸一郎と環境造形Q」展の関連行事として、62名の聴講者を前に酒井忠康氏(世田谷美術館館長・美術評論家)を講師に迎え「造形集団環境造形Qについて」と題して講演会を行いました。

日時:2005年7月9日(土)
講師:酒井忠康氏(世田谷美術館館長・美術評論家)
参加費:無料(要観覧券)

2005年6月4日(土) 15:00〜

講演会 「自作を語る」

「小林陸一郎と環境造形Q」展の関連行事として、139名の聴講者を前に小林陸一郎氏(彫刻家)を講師に迎え「自作を語る」と題して講演会を行いました。

日時:2005年6月4日(土)
講師:小林陸一郎氏(彫刻家)
参加費:無料(要観覧券)

2005年4月23(土)

講演会「近世大坂の賑い~芸能と祭礼を中心に~」

「笑いの奇才・耳鳥斎!」展の関連行事として、70名の聴講者を前に第一幕では澤井浩一氏(大阪歴史博物館学芸員)を講師に迎え「近世大坂の賑いー芸能と祭礼を中心に」と題して講演会を行い、第二幕では「笑う大坂 耳鳥斎の眼」をテーマに中谷伸生氏(関西大学教授・本展監修者)と澤井氏による対談が行われました。さらにその後で中谷氏によるギャラリー・トークも開催されました。

日時:2005年4月23日(土)
第一幕:午後2時〜
講師:澤井浩一氏 (大阪歴史博物館学芸員)
第二幕:午後3時〜
対談「笑う大坂 耳鳥斎の眼」 
澤井浩一氏 (同上)× 中谷伸生氏 (関西大学文学部教授・本展監修者) 
会場:美術館1F講座室
参加費:無料(要観覧券)

2005年4月19日(火)

まごの手企画第8弾 美術館へ行こう!!特別編 文楽をみに行こう!!バスツアー

まごの手企画第8弾!バスツアーでは大阪の国立文楽劇場を訪ね、文楽人形遣い三世桐竹勘十郎さんのお話を伺い、文楽「楠昔噺」「艶容女舞衣」を鑑賞しました。

ページトップへ