2014年11月23日(日・祝)14:00~

講演会「修復からみるルオー技法の秘密」

修復をとおして分かったルオーの特異な技法についてわかりやすくお話しいただくとともに、今日の修復のあり方についても講義いただきました。

講師:森直義(森絵画保存修復工房代表)
場所:美術館1階講座室
*申込不要・要当日観覧券
参加者:57名

2014年11月8日(土)11:00~(約1時間)

ギャラリー・トーク

ルオーの作品の魅力について会場を巡りながら深く考察され、ルオーの生い立ちや姿勢、歴史的背景などを絡めながらお話いただきました。

講師:宮内真理子(パナソニック汐留ミュージアム学芸員)
*申込不要・要当日観覧券
参加者:34名

2014年10月15日(水)*雨天決行

バスツアー「大人の社会見学編」

第14弾お手軽バスツアー「美術館へいこう!」では、「大人の社会見学編」と題し、ターナー色彩株式会社と藤田美術館、そして伊丹市昆虫館を訪ねました。

参加費:6000円(入館料、食事代、保険、交通費等込)
参加者:22名

2014年7月27日(日)13:30~

石ころアート「なににみえるかな?」

石ころが○○に変身!?想像をふくらませて描いてみよう!

講師:さとうわきこ(絵本作家)
定員:20名(小学生未満は保護者同伴でご参加ください)
*要予約(終了しました)
*参加費無料・要当日観覧券
参加者:48名

2014年7月26日(土)14:00~

ギャラリー・トーク2

シュレーダーの作品の魅力について会場を巡りながらお話いただきました。

講師:武井利喜(小さな絵本美術館館長)
*申込不要・要当日観覧券
参加者:38名

2014年7月5日(土)11:00〜

ギャラリー・トーク1

シュレーダーの作品の魅力について会場を巡りながらお話いただきました。

講師:武井利喜(小さな絵本美術館館長)
*申込不要・要当日観覧券
参加者:23名

2014年5月17日(土) 14:00〜

ARTIST TALK  ジョン・ウッド

講師:ジョン・ウッド John Wood(アーティスト)
場所:美術館1F 講座室(定員100名)
参加者:116名
※聴講無料(要観覧券)/申込不要(当日先着順)

「Eテレ 2355」でもおなじみの本展出品作家ウッド&ハリソンのウッドが来日!1993年からポール・ハリソンと共同で意外性とユーモアに富んだヴィデオ作品を制作。シンプルなアイデアと素材で物理的現象を実験的に表現しています。

ARTIST
ジョン・ウッド John Wood(1969年香港生まれ、ロンドン在住)
バース・カレッジ・オブ・ハイヤー・エデュケーションで学び、1993年から同じ大学で学んだポール・ハリソン(1966年イングランド、ウルヴァーハンプトン生まれ)と共同で制作を行っている。ニューヨーク近代美術館クィーンズ(2004)やテート・ブリテン(2004)、近年ではヒューストン現代美術館(2011)、スイスのトゥーン美術館(2010)、英国、バーミンガムのアイコン・ギャラリー(2009)などで個展を開催、日本では2007年の森美術館でのMAMプロジェクトで注目を集めた。

右図:
ウッド & ハリソン《テーブルと椅子》2001年
Courtesy of the Artists and Carroll / Fletcher, London

© The Artist

2014年5月10日(土)、11日(日)、18日(日)

ETIQUETTE

英国発、実験的シアターカンパニー・ロトザザによる30分間の体験型パフォーマンス"エチケット"に参加しませんか?→終了しました。

公演時間:10:30 / 11:30 / 13:00 / 14:00 / 15:00 / 16:00
会  場:伊丹市立美術館(1F受付にお集まり下さい)
定  員:各回4名(2名1組で2テーブルに分かれます)
対  象:中学生以上
参 加 費:無料(*ただし館内イベントのためプライベート・ユートピア展の観覧券が必要になります。参加される前に必ず観覧券をお求めください)
申込方法:電話での事前申込
電話またはメールにて[希望日時、参加人数(1名/2名)、参加者氏名、電話番号、メールアドレス]を美術館までお知らせください。電話での受付完了後、美術館より申込結果をメールにてお送りします。

お申し込み・お問合せ先
伊丹市立美術館
tel. 072-772-7447(10:00-18:00 月曜休館 但し5月5日開館、5月7日休館)

タイムスケジュール

5/10(土) Table 1 参加者1 参加者2
1 10:30-11:00 A B
2 11:30-12:00 C D
3 13:00-13:30 E F
4 14:00-14:30 G H
5 15:00-15:30 I J
6 16:00-16:30 K L
5/10(土) Table 2 参加者1 参加者2
1 10:30-11:00 M N
2 11:30-12:00 O P
3 13:00-13:30 Q R
4 14:00-14:30 S T
5 15:00-15:30 U V
6 16:00-16:30 W X
5/11(日) Table 1 参加者1 参加者2
1 10:30-11:00 A B
2 11:30-12:00 C D
3 13:00-13:30 E F
4 14:00-14:30 G H
5 15:00-15:30 I J
6 16:00-16:30 K L
5/11(日) Table 2 参加者1 参加者2
1 10:30-11:00 M N
2 11:30-12:00 O P
3 13:00-13:30 Q R
4 14:00-14:30 S T
5 15:00-15:30 U V
6 16:00-16:30 W X
5/18(日) Table 1 参加者1 参加者2
1 10:30-11:00 A B
2 11:30-12:00 C D
3 13:00-13:30 E F
4 14:00-14:30 G H
5 15:00-15:30 I J
6 16:00-16:30 K L
5/18(日) Table 2 参加者1 参加者2
1 10:30-11:00 M N
2 11:30-12:00 O P
3 13:00-13:30 Q R
4 14:00-14:30 S T
5 15:00-15:30 U V
6 16:00-16:30 W X

申込〆切り:各回、公演日前日
*各公演とも定員に達し次第、受付を終了いたします。
*当日でも空席があればご参加いただけます。

特記事項
- ペアでもお一人様でもご予約いただけます。
- お一人様の場合は第三希望までお伺いし、ペアが組めるように調整させていただきます。そのため受付から予約完了までお日にちがかかりますのであらかじめご了承ください。(公演日一週間前までに結果をご連絡します)
- 性別、演技経験の有無などは問いません。
- 内容は予告なく変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

ロトザザ rotozaza
劇作家/演出家のアンソニー・ハンプトンが1998年に結成。ロンドンを拠点とする実験的カンパニー。1999年にパフォーマーのシルヴィア・メレクリアーリが加わり、ミラノやパリでサイト・スペシフィック・ワークを展開。以来、パフォーマーが毎回違う、リハーサルをせずに本番中に演出するなど、客席と舞台の境界を消滅させるさまざまな方法論を二十作以上の作品で探究している。

エチケット公式サイト

2014年5月10日(土)〜11日(日)、17日(土)〜18日(日)、    24日(土)〜25日(日)

Café SPARK

神戸で評判のスコーン屋さん、SPARK(Scone & Bicycle)の限定カフェオープン。北海道産の小麦粉とバターを使って焼き上げる自家製スコーンにクロテッドクリームをたっぷりのせて、英国の老舗Whittardの紅茶とともに召し上がれ。

時間:11:00〜16:00(フード終了次第閉店)
場所:旧石橋家住宅1Fカウンター(美術館隣接)

 

http://www.spark-kobe.jp/cafe.html

2014年4月26日(土) 14:00〜

Music Talk
プライベート・サウンドスケープ 90年代英国の日常音楽文化
TUNE 2 ノーザン・ソウルからレイヴカルチャーへ

90年代クラブカルチャーに至るまでの英国の音楽シーンをPVや音源を交えながら振り返えり、本展出品作家の創作の背景にある音楽的要素の源泉を垣間見ました。

対談 荏開津広 (DJ/ライター) × 安田昌弘 (京都精華大学准教授)
場所:美術館1F講座室
参加者:45名
※聴講無料(要観覧券)/申込不要(当日先着順)

GUEST
荏開津広 EGAITSU Hiroshi
1980年代後半から日本のクラブ・カルチャーを牽引してきた伝説的DJ。国内外のシーンへの造詣も深く、近年は執筆活動のほかストリート・アートのキュレーションも手がけている。

HOST
安田昌広 YASUDA Masahiro
英国レスター大学でPh.D.取得、現在は京都精華大学に新設されたポピュラーカルチャー学部の音楽コースで教鞭をとる。文化社会学や文化経済学の見地からフィールドワークをベースに音楽と社会のつながりを研究。

2014年4月19日(土) 14:00〜

Music Talk
プライベート・サウンドスケープ 90年代英国の日常音楽文化 TUNE 1 ブリット・ポップとはなんだったのか?

90年代半ばに英国を席巻したブリット・ポップと呼ばれるミュージシャンたちの音楽的特性や時代背景について、体験談を踏まえつつ実際にPVや楽曲を鑑賞して考察。ときにユーモアを交えながら軽快かつ熱のこもった語り合いとなりました。

岡村詩野(音楽評論家) × 安田昌弘 (京都精華大学教授)
場所:美術館1F講座室
参加者:55名
※聴講無料(要観覧券)/申込不要(当日先着順)

GUEST
岡村詩野 OKAMURA Shino
「ミュージック・マガジン」「CDジャーナル」「TOWER RECORDS ONLINE」など様々な音楽雑誌・メディアで活躍中。東京と京都で「音楽ライター講座」の講師を担当。あしかけ14年となる東京講座は現在『オトトイの学校』内で行なっている。

HOST
安田昌広 YASUDA Masahiro
英国レスター大学でPh.D.取得、現在は京都精華大学に新設されたポピュラーカルチャー学部の音楽コースで教鞭をとる。文化社会学や文化経済学の見地からフィールドワークをベースに音楽と社会のつながりを研究。

2014年4月12日(土)〜5月25日(日)

宝塚大学の学生有志がジェレミー・デラーとコラボ!

「プライベート・ユートピア ここだけの場所」展のジェレミー・デラー「あなたを傷つける様々な方法(エイドリアン・ストリートの人生と時代)」(2010)の展示では、映像に現れる空想的イメージをもとに地元の宝塚大学の学生有志が壁画を担当しました(本展Gallery5にて展示)。

壁画制作:宝塚大学 造形芸術学部・大学院学生有志アクリル絵具、板  2014年

2014年4月12日(土)〜5月25日(日)

SPARK (scone & bicycle) プロデュース
COOPER BIKES × artist 前田真治(GERMAN SUPLEX AIR LINE)

「プライベート・ユートピア ここだけの場所」展ミュージアム・ショップ内にて、カフェでご出店いただくSPARK (scone & bicycle) プロデュースによる、英国初のアーバン・バイク"COOPER BIKES"と神戸在住のアーティスト前田真治によるコラボ展示を会期中ご覧いただけます。

《The Royal Parking》2014年

COOPER BIKES
英国COOPER CAR COMPANYが創設した新たなバイク・ブランド。世代を超えて乗り継ぐことができる至高のアーバン・バイクを目指し、マイケル・クーパーが50年におよぶエンジニアリングのプライドをもって生み出した信念のバイクです。

前田真治(GERMAN SUPLEX AIR LINE)(1976- )
英国でアートを学んだ経験をもつ前田の作品は、その全てが、自身が最終的に制作する映画の小道具というニュアンスをもつ。手法や材料に捕われず、アートという分野にすら捕われない。女優も俳優も、洋服も、家も、車も、飛行機も、風景に点在する奇妙な置物も、全てが前田の造り出した物だけで賄われる、究極の”総合芸術計画"を目指している。

2014年4月12日(土)〜5月25日(日)

プライベート・ユートピア ここだけの場所  特設ショップ

「プライベート・ユートピア ここだけの場所」展にあわせて特設ショップがオープンします。展覧会オリジナルグッズほか、1点ものの関連書籍、UKデザインのカード、LONDONレールウェイをあしらったユニークな商品など、LOVERYなグッズを多数取りそろえています。レア商品もあるので、興味のある方はお早めにお越しください!
時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)休館日:月曜日(但し5月5日開館、5月7日休館) 場所:美術館B1Fミュージアム・ショップ

ページトップへ