ご来館の皆さまへのお知らせとお願い

会  期
2020年4月11日(土)-5月31日(日) 6月23日(火) – 7月31日(金)
休 館 日
月曜日
開館時間
10:00-18:00(入館は17:30 まで)
入 館 料
一般800(700)円、大高生450(350)円、中小生150(100)円
( )内は20 名以上の団体割引
兵庫県内の小中学生はココロンカード提示にて無料
4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の
高齢者割引有(平日は60歳以上、土日祝は65歳以上)
会期変更前の招待券は使用できます。

 

 

単純な形態と明瞭な色彩を特徴とする画風「モリカズ様式」で人々を魅了しつづける画人・熊谷守一(1880-1977)。

明治・大正・昭和を貫く97 年の生涯と、70 年を超える画業を全うし、その風貌と人柄から「画壇の仙人」「超俗の画家」と呼ばれています。しかし、この世俗から離れたイメージが独り歩きし、時に作品そのものへの評価と混同されることもありました。

そこで本展では、熊谷がどのような人生を歩み、どのように絵と向き合ったのか、その真の像を改めて見つめなおします。画業を辿る上で欠かせない代表作と、近年になって所在が明らかになった逸品を中心に、油彩画・日本画・書の約200 点を通して、あるがままの「自分」を貫いた稀代の画人に迫ります。

 

★新型コロナウイルス感染症拡大の状況下での展覧会実施にて下記の作品について変更があります。何卒ご理解賜りますようよろしくお願いいたします。

*出展中止
《地蔵尊》1944年, 油彩・板
《畳》1960年, 油彩・板
《風若葉》1974年, 油彩・板
《白猫》1963年, 油彩・板
《黒つぐみ》1966年, 油彩・板
《鳩》1967年, 油彩・板
《白薔薇》1966年, 油彩・板
《豆に蟻》1958年, 油彩・板
《熊蜂》1972年, 油彩・板
《山ぶどを》1969年, 油彩・板
《土塊》1965年, 油彩・板

*展示作品変更
《櫻》1968年, 油彩・板 → 《櫻》1972年, 木版・紙, 天童市美術館
《無一物》1975年, 墨画・紙本 → 《無一物》制作年不詳,墨画・紙本,  個人蔵

公式図録 通信販売中!

プレス・リリース(PDF:1.2MB)

★展覧会関連動画(Youtube)

展覧会の見所紹介
https://youtu.be/5yf5XokpH_E
出品作品の紹介
https://youtu.be/wDIt_YLZQ4o

関連イベント

対談「わたしが好きな熊谷守一」
桂南光(噺家)× 池田良平(天童市美術館 館長)
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の為、中止致します。
日時:4月12日(日)11時〜(約1時間 / 開場10時半)
5月10日(日)11時〜(約1時間 / 開場10時半)
*申込開始日等に変更はありません
場所:美術館1階講座室
定員:100名 60名
(要・事前申込/定員になり次第、受付終了)
料金:1,000 円(展覧会観覧料含む)
*申込方法:美術館072-772-7447までお電話でお申し込みください(申込は一度に2名様まで)。
*申込開始:3月27日(金)10時〜
*申込受付時間:10時〜18時
*申込時の整理番号順に会場へご入場いただきます(自由席)。

映画上映会『モリのいる場所』 中止致します
熊谷守一とその妻秀子の生活を描いた沖田修一監督作品(2018年公開)を上映します。
日時:4月29日(水祝)10 時半~、13 時~、15 時半~(約100 分)
場所:美術館1階講座室
定員:各回60名(自由席/整理券番号順にご入場いただきます)
料金:500円/お一人様・1回(展覧会チケットとは別途)
*事前申込不要
*当日、1階受付にて展覧会チケットをご呈示の上、映画券(整理番号付き)をご購入ください。
*就学前のお子様はご遠慮ください。


主  催
伊丹市立美術館[公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団/伊丹市]、
神戸新聞社
共  催
伊丹市教育委員会
監  修
池田良平(天童市美術館)

《櫻》1968年, 油彩・板

《三毛猫》1959年, 油彩・板

愛知県美術館

木村定三コレクション

《かまきりと彼岸花》1958年

油彩・板, 婦人之友社蔵

《柚》1966年, 油彩・板

ページトップへ