夏休みの展覧会 いのちを考える Yoshio Kitayama -北山善夫と中学生たち-

会  期
2001年8月11日(土)~9月24日(月)
休 館 日
月曜日
入 館 料
一般500(400)円、大高生250(200)円、中小生100(80)円
( )内は20 名以上の団体割引
兵庫県内の小中学生はココロンカード、クローバーカード呈示にて無料
4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日60 歳以上、土日祝65 歳以上)


 

 私たちは、生きることへの不安や未来への懐疑的な思いを少なからず抱いていないだろうか。こんな状況を踏まえ、当館では今年度から夏休みの展覧会としてテーマを<いのち>に据えてみました。本展は、近年人間の「生と死」について制作発表を行っている北山善夫さん(1948年滋賀生まれ。京都府在住。画家・彫刻家)を迎え、北山さんの作品と一緒に市内の中学生が<いのち>をテーマとしたワークショップで制作したものを展示します。
 先ず、参加者は北山さんから作品のテーマである「生と死」そして、制作の背景について話を聞き、その後、生徒たちにいのちの問題を考えてもらい、そのイメージを絵画化します。この一連の作業を行うなかで、北山さんと参加者の対話が繰り広げられることでしょう。

同時開催:常設展2 ギルレイに見るブルーペーパーに描かれた人物像

■講演会(聴講無料)
「自作について語る」講師:北山善夫
2001年8月26日(日)午後2時から本館講座室


主  催
伊丹市立美術館、(財)伊丹市文化振興財団

 

ページトップへ