小企画 孫 雅由展

会  期
2002年9月14日(土)ー11月4日(月)
休 館 日
月曜日
入 館 料
一般300(240)円、大高生200(160)円、中小生100(80)円
( )内は20 名以上の団体割引
兵庫県内の小中学生はココロンカード、クローバーカード呈示にて無料
4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日60 歳以上、土日祝65 歳以上)

 


 

 孫雅由(1949-2002)は在日韓国人二世として大阪に生まれました。17歳で美術家を志して上京、高山登(1944~、もの派の代表的作家)の教えを受けました。その後、多摩美術大学に入学しましたが、自主退学しています。 1969年、彼の実質的な芸術活動となる高山登の「地下動物園」を風景に取り組み、“土”と“からだ”を関係づけたパフォーマンス「記憶喪失」を出発点に、当初はパフォーマンス、インスタレーション、ビデオ作品等を中心に活動しました。70年代後半からは銅版画やドローイングの制作に取り組み、90年代後半の巨大な《空間の間合い》シリーズまで、30余年の作家活動の間に、絵画、版画、ドローイング等膨大な作品群を制作、国内はもとより1981年の第14回リュブリアナ国際版画ビエンナーレを初めとする海外の多くの国際展に出品し評価を得ています。また、教育問題に芸術家として貢献するため1997~98年まで、英国スコットランド、エジンバラ・シュタイナースクール・トレーニングコースに留学、人智学を学んでいます。晩年は癌に冒され、闘病生活を送っていましたが、2002年2月21日、53歳の若さで亡くなりました。
 彼は常に、芸術とは何か?我々は何をなすべきか?人間とは何か?いかに生きるべきか?と、人間の根源を自問し続け、芸術が、暗闇を照らす一条の光になる事を強く願っていました。本展は当館が生前に孫雅由氏から寄贈を受けた316点の作品の中から、彼の80年代前半から20余年間の 思考の流れを、アクリル5点、水彩9点、ドローイング11点、版画8点の33点で構成します。

 

同時開催:常設展II


主  催
伊丹市立美術館、(財)伊丹市文化振興財団

 

ページトップへ