諷刺画の世界 -クルックシャンク-

会  期
2003年1月25日(土)ー3月30日(月)
休 館 日
月曜日
入 館 料
一般700(500)円、大高生350(250)円、中小生100(80)円
( )内は20 名以上の団体割引
兵庫県内の小中学生はココロンカード、クローバーカード呈示にて無料
4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日60 歳以上、土日祝65 歳以上)

 


 

 伊丹市美術館ではチャールズ・ディケンズの小説『オリヴァー・トゥイスト』の挿絵画家として著名なジョージ・クルックシャンク(1792-1878)の国内最初の展覧会を開催します。
 G・クルックシャンクは、1792年スコットランド出身の諷刺画家アイザック・クルックシャンク (1762-1811) を父としてロンドンに生まれました。1811年の父の死後、「諷刺画というゆりかごの中で育った」かれはいち早く政治諷刺画の世界で活躍をはじめます。
 しかし、1820年代、諷刺画がひとつの時代を終えるとともに、クルックシャンクも諷刺画の世界から挿絵の世界への転身をはかります。以後、挿絵の習作ともいうべき『骨相学画集』(1826)や『断片とスケッチ集』(1828-32) などの滑稽画集から、『ユーモア小話集』(1824)や『ドイツ民話集』(1823,1826) を経て、やがて本格的な挿絵に取り組むようになります。
1830 年代の後半になるとディケンズをはじめ、同時代作家の挿絵をつぎつぎと制作するようになります。19世紀の挿絵はクルックシャンクとともにはじまるといわれ、かれは諷刺版画の世界でそうであったように、挿絵の世界でも当代随一の画家として名声をほしいままにします。
 本展は初期の諷刺版画、その後の『オリヴァー・トゥイスト』や『ジャックと豆の木』などの挿絵を合わせて350余点を紹介します。

 

同時開催:常設展II

■講演会(聴講無料)
『血塗られたパリ・共和軍リーダー、地獄の悪鬼』
1月26日(日)午後2時から本館講座室
「クルックシャンクのロンドン」清水一嘉氏(愛知大学教授)

■ 絵本の挿絵を親子で鑑賞
– 親子でクルックシャンク-
開催日:2003年2月1日(土)
1回目:午後2時~
2回目:午後3時~
    (1回約40分程度)
場 所:伊丹市立美術館2階展示室
講 師:川内五十子氏(財団法人 大阪国際児童文学館)
    土居安子氏 (財団法人 大阪国際児童文学館)
参加費:親子参加は大人1名につき500円(入館料含む)
   (但し、こどもは無料)


主  催
伊丹市立美術館、(財)伊丹市文化振興財団

 

ページトップへ