幕末浮世絵アラカルト 大江戸の賑わい ー北斎・広重・国貞・国芳らの世界ー中右コレクション

会  期
2009年11月28日(土)ー2010年1月11日(月・祝)
休 館 日
月曜日(祝日のときは開館し翌日休館)
入 館 料
無料
一般¥700(500)/大高生¥350(250)/中小生¥100(80)
( )内は20 名以上の団体割引
兵庫県内の小中学生はココロンカード、クローバーカード呈示にて無料
4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日60 歳以上、土日祝65 歳以上)

 


 

浮世絵黄金期を樹立した歌麿が亡くなり、写楽が活動を終えた後、文化・文政期から始まる幕末の浮世絵はかつてないほどの賑わいを見せ、多様な展開を示しました。幕府の財政は逼迫しますが、逆に庶民・町民たちの生活を潤す結果となり、爛熟した町民文化が隆盛を極めました。

美人画と役者絵のみであった浮世絵が、この時期からいろいろな分野をもち、浮世絵がもっとも浮世絵らしくなり、粋と艶がでて、物語性を内包してバラエティに富み、面白く、内容が充実しました。

旅行ブームがおこり風景画が誕生したのもこの時期です。魔界小説や幽霊芝居の影響で妖怪や武者絵が出現し、時局を諧謔する諷刺絵も始まります。美人画も描かれる対象が下町層へと向けられ、市井の生活が活写されることが多くなり、浮世絵がより時代性、大衆性を帯びていきます。洋風の浮世絵や、横浜の開港を機に横浜絵も出現しました。

本展覧会は、神戸市在住の浮世絵収集家・中右瑛氏の膨大なコレクションの中から浮世絵版画133点、肉筆画22点、合計155点で幕末期の浮世絵の魅力を紹介するものです。

関連企画

講演会
「今、幕末浮世絵がおもしろい」
講師:中右瑛氏(本展監修者・国際浮世絵学会常任理事)
日時:11月29日(日)14:00~
会場:美術館1階講座室
定員:100名
(聴講無料・要観覧券/先着順)
お申込み:不要(ただし定員になり次第締切)

実演
「北斎《神奈川沖浪裏》を摺る」(解説付き)
北斎による名作《神奈川沖浪裏》が摺師の技で甦る工程を、間近でご覧いただく浮世絵木版画摺りの実演です。
協力:アダチ伝統木版画技術保存財団
日時:12月13日(日)
A 11:00~ B 14:00~(各回の実演時間約1時間30分)
会場:美術館1階講座室
定員:各回約50名(聴講無料・要観覧券)
お申込み:不要(当日直接受付へお越し下さい)


主  催
伊丹市立美術館[(財)伊丹市文化振興財団・伊丹市]、神戸新聞社
共  催
伊丹市教育委員会
後  援
NHK神戸放送局・サンテレビジョン・ラジオ関西

ページトップへ