伊丹市立美術館からのお知らせ

クスノキアートプロジェクト「未来の伊丹」募集開始

現代彫刻家の棚田康司さんと一緒に、現市庁舎北側の緑地広場にあったクスノキを使ったワークショップを行います。ノコギリやノミを使って、角材を切ったり、彫ったりして、
10年後、20年後、あるいは100年後の伊丹の町に「あったらいいな」と思うモノをつくります。ロケットの打ち上げ台、お城みたいな家など、みなさんの夢をアート作品にしましょう。
親子やご家族での参加、大歓迎!完成した作品を集めた展示会も行いますので、みなさまぜひご参加ください。

<ワークショップ>
7月22日(木祝)①午前の部:10時〜16時 ②午後の部:13時〜18時
     23日(金祝)③午前の部:10時〜16時 ④午後の部:13時〜18時
     24日(土)  ⑤午前の部:10時〜16時 ⑥午後の部:13時〜18時
*作品は展示後の7月28日(水)・29日(木)にお返しいたします

<申込方法>
● 定員:上記①〜⑥ 各12名(1日計24名 / 合計72名)
● 対象:市内在住の小学生以上(小学生は要保護者同伴)
● 料金:無料
● 申込期間:7月1日(木)〜 18日(日) *受付時間:10時〜17時(火曜は除く)
● 申込方法:美術館までお電話ください(TEL. 072-772-7447)
*先着順 / 定員に達し次第、受付を終了します

<展示会>
7月25日(日)13時〜17時
     26日(月)10時〜17時
*参加者だけでなく、どなたでもご鑑賞いただけます(入場無料)

<会場>
東リ いたみホール 6階 中ホール
アクセス→コチラ

<主催>
伊丹市 / 伊丹市立美術館[公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団]

<お問い合わせ>
伊丹市立美術館 TEL. 072-772-7447(受付時間:10時〜17時 / 火曜除く)
〒664-0895 伊丹市宮ノ前1-1-3 東リ いたみホール内(再整備工事休館中の仮事務所)

<棚田康司(1968年、兵庫県明石市生まれ)>
日本古来の技法「一木造り」を用いた少年少女の像を特徴とする、日本を代表する現代彫刻家。
2013年「たちのぼる展」、2017年「O JUN × 棚田康司 鬩(せめぐ)」展を当館で開催。
2022年秋にオープンする伊丹市新庁舎内に設置予定の彫刻作品を製作中。
第8回岡本太郎記念現代芸術大賞特別賞受賞。武蔵野美術大学彫刻学科客員教授。
略歴等は→コチラ

「未来の伊丹」チラシ(pdf)

*************************************************************************************************************************
ワークショップにご参加のみなさまへ(ご参加の前に必ずお読みください)

●各自、作業用の軍手をお持ちください。
●ご来館される前に各自検温をお願いいたします(平熱ではない場合は参加をお控えください)。
●体調がすぐれない場合は無理をせず参加を中止し、ご連絡いただきますようお願いします。
●必ずマスクの着用をお願いいたします(ご協力いただけない場合はご参加いただけません)。
●会場入口で手指消毒・検温のご協力をお願いいたします。
●お手洗いや外出後など、こまめに手洗いや消毒をお願いいたします。
●東リ いたみホール内では現在、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として「水分補給として必要最低限の飲み物以外の飲食は禁止」とされていますが本事業のみ許可が出ています。
●空調は、ビル管理法が定める換気量に達しております。

<午前の部にご参加の方>
昼食は外食していただくことが望ましいですが、持参された方は会場内の指定スペースで食事をとっていただきます。その際、対面での食事や、食事中の会話はお控えください。マスクを着用してからお話しいただきますよう、ご協力お願いいたします。