高橋 秀 + 藤田 桜 素敵なふたり

会  期
2019年11月2日(土)-12月22日(日)
休 館 日
月曜日(祝日にあたる場合翌日休館)
開館時間
10:00-18:00(入館は17:30 まで)
入 館 料
一般800(700)円/大高生450(350)円/中小生150(100)円
( )内は20 名以上の団体割引
兵庫県内の小中学生はココロンカード提示にて無料
4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日は60歳以上、土日祝は65歳以上)

 

 

この展覧会は、そのタイトルが物語るとおり、高橋秀と藤田桜というふたりの作家の長きにわたる仕事を、ひろく紹介しようというものです。

生命感あふれる有機的なフォルムで知られる高橋秀(1930-/広島県生まれ)は、画家を志し上京、さまざまな出会いのなかで道を切り開き、 1961 年に新人画家の登竜門である安井賞を受賞しました。一方、布コラージュを駆使した絵本原画で親しまれる藤田桜(1925-/ 東京生まれ)は、 中原淳一が主宰する少女雑誌『ひまわり』の編集者として出発、やがて自ら手芸作家となって第一線で活躍し、1952 年創刊の『よいこのくに』 では 37 年間にわたり表紙を飾りました。

1958年に結婚。高橋の創作を見つめ直したいという思いから、ふたりは60年代はじめにイタリアに渡り、以後ローマを拠点に活動します。 高橋の造形に対する求心的な探究は開放的な色や形へと展開し、1993年にはローマ国立近代美術館で個展が開催されました。他方、藤田も新たに絵本や布コラージュ制作に取り組み、異国の暮らしのなかで見い出した日々の喜びを作品へと昇華させていきました。

2004年に帰国後は芸術教育にも力を注ぎ、倉敷市の沙美(さみ)海岸にアトリエを構え、若いアーティストを海外に送り出しています。

ときに孤独と向き合い、喜びを重ね、互いに90歳前後となっても創造のエネルギーを発散しつづけるふたりの姿をその創作の軌跡とともに 辿ります。

プレス・リリース(PDF:791KB)

主  催
伊丹市立美術館[公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団/伊丹市]
共  催
伊丹市教育委員会
協  賛
ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜
協  力
日本通運、玉島テレビ放送

ページトップへ